D.レーン騎手

写真拡大 (全2枚)

 5日に東京競馬場で行われたNHKマイルカップで、C.ルメール騎手が5月11日〜26日の期間で騎乗停止になったことを受け、ルメール騎手が騎乗予定だった日本ダービー(5月26日・G1・東京芝2400m)のサートゥルナーリア(牡3・栗東・角居勝彦)、オークス(5月19日・G1・東京芝2400m)のコントラチェック(牝3・美浦・藤沢和雄)の鞍上を、D.レーン騎手で調整していることが両馬が所属するキャロットクラブのホームページで発表された。

ルメール痛恨の騎乗停止でダービーまでアウト

レーン騎手は新潟大賞典で来日初週重賞V

新潟大賞典(C)スポニチ

 D.レーン騎手はオーストラリア出身の25歳。4月27日〜6月25日の期間でJRAの短期免許を初取得し、来日初週の新潟大賞典でメールドグラースに騎乗し、いきなり重賞初制覇を飾った。この2週の成績は(6、4、4、2、2、9)勝率は0.222、連対率は0.370、複勝率は0.519と好成績を収めている。

 ジョッキーなら誰でも勝ちたいはずの日本ダービー。成績を見る限りレーン騎手の腕は確かなのかもしれないが、来日間もない若手外国人ジョッキーにあっさり勝たれるほど日本人ジョッキーもやわじゃないだろう。17頭の立ち回りにも注目したい。