【ブリリアントS】ルメール「能力はあります」アングライフェンが抜け出す

写真拡大 (全2枚)

 5日、東京競馬場で行われた第10レース・ブリリアントステークス(L)でC.ルメールが騎乗したアングライフェンが快勝。道中中団馬群の中からじわじわと直線で伸びていき、最後まで脚色衰えることなく駆け抜けた。

1着 アングライフェン
C.ルメール
「4.5番手で良いポジションにつけられ、長い直線でスムーズだった。能力はあります」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

【ケンタッキーダービー】マスターフェンサーが大健闘の6着!最内を強襲

アングライフェンはオープン2勝目

 5日、東京競馬場で行われた10R・ブリリアントステークス(L・4歳上オープン・ハンデ・ダ2100m)で1番人気、C.ルメール騎乗、アングライフェン(牡7・栗東・安田隆行)が快勝した。1/2馬身差の2着にプリンシアコメータ(牝6・美浦・矢野英一)、3着にコスモカナディアン(牡6・美浦・金成貴史)が入った。勝ちタイムは2:08.1(重)。

 2番人気で石橋脩騎乗、ゴールデンブレイヴ(牡6・美浦・木村哲也)は、9着敗退。

アングライフェン 40戦7勝
(牡7・栗東・安田隆行)
父:ステイゴールド
母:レッドスレッド
母父:パントレセレブル
馬主:前田幸治
生産者:ノースヒルズ

【全着順】
1着 アングライフェン
2着 プリンシアコメータ
3着 コスモカナディアン
4着 アンデスクイーン
5着 ジュンヴァルカン
6着 ピオネロ
7着 ストライクイーグル
8着 テルペリオン
9着 ゴールデンブレイヴ
10着 クロスケ
11着 ホーリーブレイズ
12着 ノーブルサターン
13着 ザイディックメア
14着 サルサディオーネ
15着 キクノルア
16着 ワークアンドラブ