5日、新潟競馬場で行われた11R・谷川岳ステークス(L・4歳上オープン・芝1600m)で14番人気、木幡巧也騎乗、ハーレムライン(牝4・美浦・田中清隆)が快勝した。1.1/4馬身差の2着に1番人気のプロディガルサン(牡6・美浦・国枝栄)、3着にキョウワゼノビア(牝6・栗東・角田晃一)が入った。勝ちタイムは1:32.3(良)。

 2番人気で杉原誠人騎乗、アルーシャ(牝4・美浦・藤沢和雄)は、11着敗退。

【鞍馬S】ミラアイトーンがオープンまで一気に4連勝!

マンハッタンカフェ産駒 ハーレムライン

 ハーレムラインは好ダッシュを決めて先行集団の一角でレースを進めると、終始ラチ沿いでロスなくポジションをキープ。直線入り口から馬場のいいところを探しながら追い出されると、横並びの真ん中から割るように鋭く伸び、14番人気の評価を覆してうれしい勝利を飾った。桜花賞以降スランプに陥り、2桁着順が続く時もあったが、約1年ぶりの勝利。

ハーレムライン 15戦4勝
(牝4・美浦・田中清隆)
父:マンハッタンカフェ
母:マクリス
母父:グルームダンサー
馬主:吉田千津
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 ハーレムライン
2着 プロディガルサン
3着 キョウワゼノビア
4着 ゴールドサーベラス
5着 テトラドラクマ
6着 アンコールプリュ
7着 キョウヘイ
8着 キャプテンペリー
9着 ミュゼエイリアン
10着 ハクサンルドルフ
11着 アルーシャ
12着 アドマイヤリアル
13着 アドマイヤアルバ
14着 ショウナンライズ
15着 コスモイグナーツ
16着 クラウンディバイダ