日本時間5日、チャーチルダウンズ競馬場で、アメリカ競馬3冠レースの初戦、第145回ケンタッキーダービー(ダ2000m)が行われ、日本から3頭目の挑戦となったマスターフェンサーは大健闘の6着に終わった。

 スタートで後手を踏み、腹を括って最後方から運んだマスターフェンサーは、泥んこの馬場を苦にすることなく直線でエンジン全開に。内から縫うように伸びてくると4、5着争いの一団となってゴール。勝ち馬からも大きく負けておらず、次戦に向けて期待の持てそうな走りを見せた。

レース結果、詳細は下記のとおり。

東京競馬中止に伴うプリンシパルSの移設が決定

直線鋭く追い込んで惜しい6着

 日本時間5日、アメリカのチャーチルダウンズ競馬場で行われた12R・ケンタッキーダービー(G1・3歳・ダ2000m)でF.プラ騎乗、カントリーハウス(牡3・USA・W.モット)が、1位入線したマキシマムセキュリティの前代未聞の降着により、2位入線から繰り上がりで優勝した。

2着にコードオブオナー(牡3・USA・C.マゴーヒーIII)、3着にタシトゥス(牡3・USA・W.モット)が入った。勝ちタイムは2:03.93(不良)。

 日本馬、J.ルパルー騎乗のマスターフェンサー(牡3・栗東・角田晃一)は6着敗退。
 なお、11番ハイカル、12番オマハビーチは出走取消となっている。

【全着順】
1着 カントリーハウス
2着 コードオブオナー
3着 タシトゥス
4着 インプロバブル
5着 ゲームウィナー
6着 マスターフェンサー
7着 ウォーオブウィル
8着 プリュクパルフェ
9着 ウィンウィンウィン
10着 カッティングヒューモア
11着 バイマイスタンダーズ
12着 ヴェコマ
13着 ボーディエクスプレス
14着 タックス
15着 ロードスター
16着 ロングレンジトディ
17着 マキシマムセキュリティ(1位入線後降着)
18着 スピンオフ
19着 グレイマジシャン

(出走取消)
ハイカル
オマハビーチ