トットナムFWソン・フンミン(左から2人目)【写真:Getty Images】

写真拡大

トットナムは痛恨の敗戦 退場のソン・フンミンには批判が殺到

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは現地時間4日、プレミアリーグ第37節の敵地ボーンマス戦(0-1)に先発出場したが、相手選手を突き飛ばし一発退場を命じられた。

 感情のコントロールが効かなかったソン・フンミンの蛮行に海外メディアも注目し、「キーマンの退場劇を目撃したか?」「最も愚かな一発退場」と取り上げている。

 トットナムはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でクラブ史上初となるベスト4進出の快挙を成し遂げた一方、リーグ戦では直近10試合で3勝1分6敗と失速しており、来季のCL出場権を手に入れられる“トップ4”入りに暗雲が立ち込めていた。今回のボーンマス戦は是が非でも勝ち点3が欲しい状況だったが、ソン・フンミンがチームを窮地に陥れてしまう。

 0-0で迎えた前半44分、相手ペナルティーエリア前でソン・フンミンが相手MFライアン・フレイザーを転倒させファウルの判定となる。その際にボールを拾おうとしたソン・フンミンに相手MFジェフェルソン・レルマが体をぶつけて妨害すると、怒りを抑えられずに両手で突き飛ばしてしまう。その一部始終を間近で確認していた主審は迷うことなくレッドカードを提示し、退場処分を命じた。

英国内外のメディアがこぞって反応 「トットナムを黒星に突き落とした」

 この韓国人アタッカーの蛮行に英メディアも反応。英紙「デイリー・エクスプレス」は「トットナムが誇るキーマンの退場劇を目撃したか? ファンは憤怒」と取り上げると、英紙「デイリー・メール」も「『休暇を自分自身で手に入れる達人だ』ソン・フンミンによる狂気の瞬間にファンは冷やかし」と綴り、この日の一発退場でソン・フンミンの今季リーグ戦が終了したことを説明していた。

 また、国外からはロシア放送局「RT」がこの退場劇に注目しており、「『今季最も愚かなレッドカードの一つ』ソン・フンミンがトットナムを黒星に突き落とした」と報じ、チームにとって痛恨の出来事となったことを指摘している。

 トットナムにとっては、この試合で勝ち点3を獲得できていればトップ4入りを確定させることができていたが、後半開始早々に2人目の退場者を出し、アディショナルタイムに失点。ソン・フンミンの軽率な一発退場によってゲームプランが崩れ、痛恨の敗戦を喫することになった。(Football ZONE web編集部)