2019年クラシック候補たち
第14回:シゲルピンクダイヤ

 競馬界には”名物オーナー”と称される馬主が数多くいるが、馬名に「シゲル」が入ることでお馴染みの森中蕃(もりなか・しげる)氏もそのひとり。毎年、冠名「シゲル」のあとに、魚や野菜、星座など、ある一定のテーマを設けて馬名をつけている。

 また、森中氏は、あまり高額ではない馬を多数所有することでも有名。そのため、大舞台での勝利は決して多くはない。だが、今春のクラシック戦線においては、この「シゲル軍団」の中から、タイトル奪取を狙える馬が登場した。

 栗東トレセン(滋賀県)の渡辺薫彦厩舎に所属するシゲルピンクダイヤ(牝3歳/父ダイワメジャー)である。


オークスでの戴冠を狙うシゲルピンクダイヤ

 冠名のあとに、宝石の名がつけられた「シゲル軍団」の3歳世代。シンゲルピンクダイヤは、昨秋の2歳新馬でデビュー(10月13日/京都・芝1600m)した。

 同レースでは、3〜4コーナーの勝負どころで馬群に揉(も)まれ、大きくポジションを下げてしまった。その結果、3着に終わったものの、直線ではすばらしい末脚を披露。素質の片鱗を見せ、その後に希望を与える初陣となった。

 実際、続く2歳未勝利(11月3日/京都・芝1600m)では、中団から鋭く伸びて快勝。この2戦の内容から、稀有(けう)な末脚の持ち主であることを存分に示した。

 ところがその後、右前脚の繋靱帯(けいじんたい)炎を発症。4カ月の休養を余儀なくされてしまう。

 そこから、復帰を果たしたのは、GI桜花賞トライアルのGIIチューリップ賞(3月2日/阪神・芝1600m)。一頓挫あって、持ち前の切れ味に支障は出ないのか、不安を抱えてのレースだった。

 しかし、厳しい戦いが予想されるなか、シゲルピンクダイヤはあらためて力のあるところを見せつけた。スタートでやや遅れて最後方からの競馬になったものの、直線に入ると大外から強襲。2歳女王ダノンファンタジーには及ばなかったものの、粒ぞろいのメンバー相手に2着を確保し、大舞台へと駒を進めた。

 そして、迎えた桜花賞(4月7日/阪神・芝1600m)。またもスタートでは出遅れるも、道中はじっくりと後方に待機。直線を向くと進路をインコースに切り替えて、猛然と馬群を割っていった。

 内側からグイグイと伸びてきたシゲルピンクダイヤ。結局、勝ったグランアレグリアには及ばなかったものの、1番人気ダノンファンタジーや3番人気クロノジェネシスらには先着。メンバー最速の32秒7という上がりをマークして、GIの大舞台で堂々の2着となったのだ。

 世代トップクラスでも勝ち負けできる器であることを証明したシゲルピンクダイヤ。このあとは、牝馬クラシック二冠目となるGIオークス(5月19日/東京・芝2400m)へ向かう。

 ある意味、「シゲル」のイメージを覆すような存在だが、管理する渡辺調教師は早くからその素質を見抜いていたようだ。その点について、関西競馬専門紙のトラックマンがこう明かす。

「3歳クラシックに出走するには、基本的に前年秋からの特別登録が必要です。森中オーナーは普段、所有馬のクラシック登録をあまり行なわないのですが、シゲルピンクダイヤについては、渡辺調教師からのお願いもあって、登録をしたとのこと。それだけ(渡辺調教師が)この馬を評価していたのでしょう。デビュー戦でも、鞍上を務める和田竜二騎手に『この馬、走るから頼むわ』と依頼したようですよ」

 事実、桜花賞でも2着と好走したシゲルピンクダイヤ。オークスでの勝算はどうなのか。前述のトラックマンはこう語る。

「途中、繋靱帯炎という大きなケガに見舞われました。それでも、急ピッチの調整によって、チューリップ賞出走にこぎつけました。マイナス10kgの馬体重で出走したのもその影響です。

 そんな状況にあって、2着を確保。能力が高くなければ、そこまでの結果は望めません。その後、桜花賞でも2着と善戦しましたから、間違いなく世代屈指の実力馬。オークスでも有力な1頭と言えるでしょう。

 課題はスタートの出遅れや、パドックでテンションが高くなる面など、気難しさを持ち合わせている点。そうした気性が、最後の切れ味にもつながっている気がして、いいほうに出るか、悪いほうに出るかは紙一重だと思っています。

 オークスでは、初の関東への長距離輸送となりますし、歓声が大きいスタンド前の発走。好走へのカギは、それらをうまく乗り切れるかどうか。もしクリアできたなら、戴冠の可能性も十分にあるでしょう」 渡辺調教師がいち早く見抜いたシゲルピンクダイヤの素質。オークスで、そのすべてが花開き、最高の輝きを放つことができるのか。できることなら、名物オーナーがいまだ立ったことのない大舞台で歓喜する姿を見てみたい。