【東京7R】ペイシャネガノが抜け出す!深山雅史調教師は初勝利

写真拡大 (全2枚)

 4日、東京競馬場で行われた7R・3歳500万下(ダ1400m)で4番人気、武士沢友治騎乗、ペイシャネガノ(牝3・美浦・深山雅史)が快勝した。1/2馬身差の2着にパイロジェン(牡3・美浦・伊藤圭三)、3着にオルクリスト(牡3・美浦・杉浦宏昭)が入った。勝ちタイムは1:24.6(稍重)。

 1番人気でD.レーン騎乗、スポーカンテソーロ(牝3・美浦・武井亮)は7着、 2番人気で戸崎圭太騎乗、ロークアルルージュ(牡3・美浦・手塚貴久)は14着敗退。

【東京6R】トーセンリストがまんまと逃げ切り!ドナアトラエンテは2着

サウスヴィグラス産駒 ペイシャネガノ

 深山雅史調教師が嬉しいJRA初勝利を飾った。ペイシャネガノは隊列の真ん中追走から、直線だけ外に出すロスのない競馬で最後までしっかりと伸び、半馬身差で快勝。初勝利を飾った深山調教師は戻ってきた管理馬を笑顔で迎え、懸命に走った同馬を労っていた。

ペイシャネガノ 6戦2勝
(牝3・美浦・深山雅史)
父:サウスヴィグラス
母:モンターニュドール
母父:ヘネシー
馬主:北所直人
生産者:友田牧場