「GWはNetflix三昧」のユーザーに朗報です!

同サービスはテレビ視聴の音質をさらに向上させる新機能、“高音質オーディオ”の提供を開始。すべての料金プランのユーザーを対象に、より高音質な音声が受信できるようになりました。

高音質オーディオは、利用可能な帯域幅やテレビデバイスの条件に合わせて最適な音声を提供する機能。ホームシアターシステムによってサウンド環境を整えなくても、5.1ch対応のテレビデバイスでは192 kbps〜最大640 kbps、ドルビーアトモス対応のテレビデバイスでは448 kbps〜最大768 kbpsのビットレートで配信が可能になりました(ドルビーアトモスはプレミアムプランのみ)。

なお、Netflixは映像においても視聴環境に応じて最適な画質を提供するアダプティブ・ストリーミングを採用しています。

Netflixのテクニカルブログでは、2017年下旬に『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン2の試写を行った際、クリエイターであるダファー兄弟からオーディオミックスについて批判的なフィードバックがあったとのエピソードを紹介。それ以来、「スタジオで聴く音声により近い音」を提供するために、同社のエンジニアリングチームとサウンドエキスパートが改善に取り組んできたといいます。

5.1chまたはドルビーアトモスに対応している作品には、説明欄の横にアイコンが表示されます。

Announcing High-Quality Audio at Netflix(YouTube)
https://youtu.be/_eqdt_UOBAQ

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』