元徴用工側、資産売却申請取りやめ示唆 日本側が交渉に応じれば

ざっくり言うと

  • 元徴用工裁判を巡り、原告側は日本製鉄などの資産の売却を裁判所に申請した
  • 原告側の弁護士は、日本側が交渉に応じれば手続きを取りやめる可能性を提示
  • 「最後のチャンスだ」として日本側に協議に応じるよう圧力を掛ける考えだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング