きのう5月1日(2019年)は各地で「令和」の文字が躍った。各地の人気神社には令和初日の日付の入った「御朱印」を求めて行列ができたが、東京・原宿の明治神宮は、ピーク時の正午ごろには10時間待ちの看板も掲げられた。

早朝から列ができ、普段の午前9時を大幅に繰り上げて、6時半に開門した。午後1時半、行列の最後尾に係員がやってきて、令和初日の御朱印の受け付けはここまでで終了と告げる。その10秒前に行列に駆け込んだ男性は、5時間並んで6時半過ぎに待望の御朱印を受け取り、喜んでいた。

なぜかあっちでもこっちでも「路チュー」

タレントの高木美保も、明治神宮ではないが、神社にお参りに出かけたという。「私が行った時にはもう行列ができていました。気になったのは、若いカップルが路上でチューをたくさんしていたこと。いまだかつて、あんなにたくさんの路チューを見たことがなかったですね。何か誓いのチューとかだったのかしら」

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)は「いつまで続くんでしょうかね」と呆れていた。