女医は医師との結婚が大多数だが……(写真はイメージ、写真:nonpii/PIXTA)

川上智子さん(仮名、34歳)は、美容クリニックに勤務する一方、生理改善アドバイザーとしても活躍する女性医師だ。夫は2歳年上の自営業者で、学歴は高卒である。知り合ってから2カ月、交際してから2週間で電撃入籍した。年収は、智子さんが約2000万円であるのに対して、夫は約400万円。実に5倍の収入格差がある。

実は川上さんのような結婚相手の選び方は女医の中では「少数派」だ。いささか古いデータとなってしまうが、東京大学社会学研究所が刊行する研究誌『社会科学研究』へ2012年に掲載された論文によると、女医の配偶者の職業が男性医師である割合は73.7%とされていた。2019年現在では少し状況が違うかもしれないが、それでも劇的に数字が変わってはいないだろう。

なぜ医師同士で結婚するのか?

そもそも医師は結婚相手の男性として女医のみならず一般女性からも極めて高い人気を誇る職業であるが、数多くの女医はかなり強い意思を持って男性医師を伴侶に選んでいると言える。女医の結婚事情に精通する「医師のとも」(本社・東京都渋谷区)の柳川圭子代表取締役によると、その理由は主に次の4つに集約されるという。

学歴や年収を自分より上回っている可能性が高い
医師以外の出会いが少ない中、自分の身近にいる存在
世間慣れしていないので、医師以外の価値に気づきにくい
騙す人が近づいてきやすい職業なので、騙されたくないという警戒心が強い中、医師ならば安心できる

もともと名誉と経済力を保持する女医が男性医師と結婚することで、より盤石な家庭を築ける。一方、あえて男性医師とは結婚しないというスタンスを取る女医たちの本音は何なのか。川上さんは「あくまで個人的意見」と断ったうえでこんな話を明かしてくれた。

「私はもともと医師とは結婚したくないと考えていました。なぜなら、医師同士の結婚だと将来が見えてしまうからです。子どもの学校にしろ、旅行先にしろ、医師家族の価値観はどこもだいたい一緒。そうした予定調和の人生を送ることに疑問を感じていました」

かなり辛辣だ。とはいえ、収入に大幅な差がある相手と結婚することに抵抗はなかったのだろうか。川上さんに尋ねてみると、

「私は自分の年収が生活に十分な水準にあるので、結婚相手の収入に頼るつもりはありませんでした」(川上さん)

と回答してくれた。

柏原綾乃さん(仮名、35歳)は、ある研究機関に勤務する歯科医だ。彼女の夫もまた医師ではない男性だ。夫は一般企業の会社員として勤務している。年収は2人とも約800万円。経済力は同等程度である。

中学生のときからの知り合いである2人は長い間の友人関係を経て、20代後半の頃から交際を始め、30歳を過ぎた頃、結婚した。

「医師は世間知らずで常識がない人が多いんです。私も医師なので人のことは言えないのですが……。でも、自分と同等程度以上に常識がない人と一緒になったら、浮世離れした家庭になってしまうのではないかと思ったんです。それに医師同士で結婚すると視野が狭くなって人生の振り幅が狭まります。それは私にとって損なことだと感じました」(柏原さん)

世間では「先生」と称される医師に「常識がない」とは言いすぎではないかと、一般人としては感じるところはある。

「例えばビジネスマナーです。ほかの大学病院の偉い教授から自分の上司宛にかかってきた電話を受けたある医師は、上司が席を外していたことを説明する際に『○○はトイレにいっているからよくわかりません』と言いました。それを後から聞いた上司は真っ青になっていました。ほかにも研修会やセミナーに出席したときに運営スタッフに対して横柄で偉そうな態度を取る医師も多くて辟易します」(柏原さん)

ほかの職を持つ男性と結婚することで、世界を広げる

赤間美恵子さん(仮名、43歳)は、美容クリニックに勤務する美容外科医。夫は一般企業に勤める会社員だ。

2人は30歳くらいのときから交際を始めたが、一度破局した経験がある。その後1年間のブランクを経て交際を再開し、30代後半で結婚した。破局の原因は、30代半ばに差し掛かった赤間さんが彼に結婚を迫ったことだった。

ブランクの1年間、実はお互い本気で婚活を行っていた。しかし、互いにいい相手に巡り会うことができなかった。そんなとき、彼から赤間さんに連絡があり再び会うことになり、再度交際することを決めた。1年間離れたことで改めて彼が自分にとってほかには代え難い大事な存在であることを認識したのだった。

「医師の世界は狭いんです。私はそこにとどまっているのが嫌だったんです」

赤間さんも川上さんや柏原さんとほぼ同意見だった。

医師以外の男性と結婚する女医の特徴として、前出の柳川氏が次の3点を挙げる。

自分で人生のリスクを取れる
親との関係が良好である 
限られた世界の価値観に縛られない

女医は一般的に普通の職業よりも経済力は強い。仮に夫の収入が低かったとしても 自分の経済力があれば生活していける。一方で、夫にそれなりの収入があったとしても、将来的に健康状態を崩すなど万が一のことがあるかもしれない。それでも最終的には自分が夫を養えばいいと考えている。自分に自信があるからこそ、自分の人生のリスクを取れるのが女医の1つ目の特徴である。

2つ目の特徴は親との関係が良好であることだ。実は川上さん、柏原さん、赤間さんはいずれも親が医師の家庭で育った。医師の世界では親が医師なら、親の敷いたレールに乗って医師となり、そのまま男性医師と結婚するケースが圧倒的に多い。

しかし、彼女たちは自らの意思を持って医師以外の男性と結婚した。かつそのまま両親とも信頼関係を継続できている。これはもともと親子間の関係が良好で、親の理解もあるからに違いない。「医師以外の男性との結婚は許さない」というような家庭で育った女医であれば、到底医師以外の男性と結婚することなどできなかったであろう。

3つ目の特徴は、医師の世界だけの価値観に縛られないことだ。医師の世界はよくも悪くもムラ社会だ。メリットもあればデメリットもある。多くの女医がそのメリットを重視して男性医師と結婚するのに対し、少数派の女医たちはデメリットを避けることに重きを置いている。彼女たちは、医師の世界にとどまるのではなく、開放的な広い外の世界に活動の場を求めている。

女性医師の数は増え、価値観も変わりつつある

柳川氏によると、医師以外の男性と結婚した例として、美容皮膚科の女医が自分の患者と結婚したケースがあるという。またそのほかにも、年収200万円の配達員、翻訳家、パティシエ、僧侶、スポーツクラブインストラクターなどと結婚した女医もいる。

厚生労働省の「医師・歯科医師・薬剤師調査」によれば、1998年に約3万5000人だった女医の数は2016年に約6万7500人まで増え、全体の割合も約14%(1998年)から約21%(2016年)まで高まった。5人に1人が女医。とくに若い世代で増えている。

世の中全体が変化していく中で、旧来の価値観に縛られない若い世代を中心として、医師と結婚しない女医も増えてくる可能性はありそうだ。