「いま午後11時ですが、カップルのみなさんがたくさんいらっしゃいます」と小林廣輝アナウンサーが東京都墨田区役所で取材していた。平成から令和にまたぐ4月30日(2019年)に「令和婚」の婚姻届を提出しようと集まった人たちだ。区役所もサービスで深夜1時まで窓口を開けた。

一番早くやってきたカップルは「夜8時半から並びました、3時間半待ちました」。婚姻届を提出する時は、芸能人並みに報道陣が殺到した。女性は「ドキドキでした。こんなこと2度とこないですね」と笑顔で話していた。

山本亨区長が「令和」のボードを手渡し、「おめでとう!」と一緒に記念撮影。

スッキリして令和を独身で迎えたい

30日の婚姻届は離婚届も2組あった。小林アナは「婚姻届のカップルは、令和に向けて新たな出発をと話していました」

司会の国分太一「離婚した2組は、平成最後だから離婚しようかと、仲良く別れたのでしょうか」

三輪記子(弁護士)「令和は独身で迎えたいと思ったかもしれません。でも、わかりません。いろんなパターンがあると思いますよ」

令和になった5月1日は0時から1時まで婚姻届は56組、離婚届はなかった。

国分「婚姻届も結婚もイベントごとになっているんでしょうか」

原晋(青山学院大学陸上部監督)「イベント系のカップルですから、スイートテンも金婚式も大変になると思いますよ」

うらやましいのか、妬ましいのか。