“土の色”みたいな服だね……男が残念に思う「地味コーデ」

写真拡大

春になってきてたくさんの色が楽しめる季節になってきました。
しかし、ちょっぴりテンションがあがって「かわいいアースカラーコーデ♪」と思っても、意外と男性の的を射ていない場合があります。

今回は男性が残念に思う「地味コーデ」を4つご紹介します。

(1)まっくろくろすけ!オールブラックコーデ


『小物も黒はやりすぎ』(27歳/美容師)

オールブラックのコーデはカッコイイのですが、場合によっては地味コーデに大変身してしまいます。
「まっくろくろすけみたい!」とからかってはくれるかもしれませんが、男性からしたら、女性は華やかな服を着てほしいもの。

もしオールブラックのコーデにするなら、アクセサリーなどで華やかにしてみてくださいね。

(2)ただのパジャマ?モノトーンコーデ


『なんか様になっていないモノトーンコーデを見ると残念になってきます……』(24歳/アパレル)

モノトーンコーデは流行りですが、これをファッショナブルに見せるのはまた難しいものです。
場合によっては、「ただのパジャマ?」と思われてしまう場合があります。

アイテムの生地や素材に合わせて、メリハリをつけたり、同じ色合いでも柄物を入れたりしてみたら地味コーデから脱却できますよ。
ぜひトライしてみてくださいね。

(3)暗い……。ボトムス×ダークカラーコーデ


『究極の地味コーデだね(笑)』(33歳/マーケティング)

常にジーンズのボトムスとダークカラーコーデの女性は、なんとなく「暗い……。」という印象を受けてしまうようです。

特に、デートの時はボトムスよりもスカートの方がGOOD!
男性は女性らしい洋服に身を包んだあなたと一緒にデートをすればもっとたのしめることでしょう。

(4)オシャレは?小物ナシのコーデ


『小物をつけるだけで全然違うのにね』(22歳/福祉)

小物ナシのコーデはやっぱり地味コーデです。
ネックレスなどのアクセサリーやキャップなどの帽子を活用することでさらにおしゃれになります。

シンプルが好きでも、やっぱりおしゃれな人は小物で差をつけているもの。
ちょっぴり個性的なカバンで差をつけてみるのも手かもしれません!

----------

いかがでしたか?
男性が残念に思う地味コーデを4つご紹介しました。

前回のデート、ちょっとやばかったかも……?と思ったあなたでもまだ大丈夫!
次回のデートは華やかに女性らしいファッションで行きましょう!

(恋愛jp編集部)