現在、AbemaTVで生放送中の『7.2 新しい別の窓 #14』で、「平成最後にコレやりたい!」企画が放送。稲垣吾郎が「16歳の時に泣きながら抱き合った」という女優・清水美沙との再会を喜んだ。

 1989年(平成元年)放送のNHK連続テレビ小説『青春家族』で共演している2人。同作がドラマデビューだった稲垣は打ち上げの時に感極まって泣いてしまったといい、改めてお礼を言いたいのだという。
 夫の仕事の関係でオランダにいるという清水は、今回テレビ電話で出演。「打ち上げの時のこと覚えてますか?」との質問に清水は「覚えてるよ!俳優やりたいんだって泣き出しちゃったの」と回答。さらに、「すっごい可愛かった。1年間の撮影で、成長して背も高くなってたし、声変わりもしたの覚えてる? 忙しい中、スタジオに来るとすごくホッとするって言ってたのを覚えてるよ。よくこう前髪いじって(笑)」と当時の稲垣の様子を明かす。

 詳細な清水の説明に稲垣は「嬉しいなぁ。日本に帰ってきた時はまたお会いしましょう。ありがとうございました」と喜びの表情で語っていた。▶『7.2 新しい別の窓 #14』は午後5時〜夜0時15分まで「AbemaGOLD」チャンネルにて放送中