29日、京都競馬場で行われた11R・天王山ステークス(4歳上オープン・ダ1200m)で4番人気、松山弘平騎乗、タテヤマ(牡5・栗東・渡辺薫彦)が快勝した。クビ差の2着にホウショウナウ(牡4・栗東・河内洋)、3着にバイラ(牡4・栗東・川村禎彦)が入った。勝ちタイムは1:11.3(良)。

 1番人気で松田大作騎乗、ヒロシゲゴールド(牡4・栗東・北出成人)は9着、2番人気でA.シュタルケ騎乗、ジューヌエコール(牝5・栗東・安田隆行)は4着敗退。

【新潟大賞典】平成ラストの重賞はメールドグラースが勝利!レーン騎手が制す

京都コース5勝のタテヤマ

 京都1200mで5勝。京都の鬼とも言うべくタテヤマがオープン初勝利を飾った。最後の直線で人気のホウショウナウと激しい追い比べとなったが、この日これまで3勝と絶好調の松山弘平が勝り、最後にグイッとひと伸びして抜け出した。

タテヤマ 23戦6勝
(牡5・栗東・渡辺薫彦)
父:パイロ
母:サンフィールド
母父:フジキセキ
馬主:小島將之
生産者:山田政宏