29日、新潟競馬場で行われた8R・4歳上500万下(芝2400m)で6番人気、藤田菜七子騎乗、コロンバスデイ(牝4・美浦・小笠倫弘)が快勝した。アタマ差の2着に2番人気のシゲルシイタケ(牡4・美浦・中野栄治)、3着に1番人気のエイプリルミスト(牝5・美浦・手塚貴久)が入った。勝ちタイムは2:27.8(良)。

C.ルメールが外国人騎手初のJRA通算1000勝を達成

逃げ馬の大逃げを捉える

 藤田菜七子騎手がコロンバスに騎乗し、第2レースに続いて2勝目を飾った。レースでは逃げ馬が大逃げを打つ展開で、一時先頭とは10馬身以上の差が開くも、慌てることなく中団で折り合いをつけた。勝負どころから徐々に前を追いかけ始めると、ラスト1ハロン付近で先頭に立ち、外から来たシゲルシイタケの追撃も振り切って見事に勝利を収めた。

コロンバスデイ 16戦1勝
(牝4・美浦・小笠倫弘)
父:ノヴェリスト
母:コロンバスサークル
母父:ホワイトマズル
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム