惜しいんだよな…頑張ってるのに「残念なコーデ女子」の特徴って?

写真拡大

なんとなくどこか違う気がする、どこかダサい……。
コーデを作ってみて、そんな印象を抱いたことはありませんか?

そんな残念コーデは、実は意外と周りの男性にも気づかれていたりします。
頑張っているのにどこか惜しい……そんな残念コーデを卒業できない人は、以下のポイントをチェックしてみましょう。

(1)流行的に古いアイテムが含まれてる


『そのアイテムはもう古いでしょ……流行遅れのアイテムが含まれてると一気にダサくなる』(30歳/IT)

それなりに頑張ってコーデを決めているつもりでも、実は一点だけ「油断」が出ているポイントがあるものです。
つい少し前のトレンドアイテムをコーデに入れてしまっていませんか?

たとえば柄タイツなど、他のアイテムがおしゃれでもその一点だけが古臭くて目立ってしまいます。
一点だけ時間が止まっていないか、よくチェックしてみましょう!

(2)一つのアイテムだけ汚い


『汚いアイテムを身に着けてるのはないわ……』(28歳/コンサル)

また一つのアイテムだけが汚かったり、使い古し感が満載だったりする場合もよくあります。
靴が汚れていたり、バッグがボロボロだったり、ニットだけ毛玉だらけだったり……。
そのケアが行き届いていない様子が、女子力の低さを物語っています。

(3)服と小物の組み合わせが……


『小物まで合わせてコーディネートしてほしいかな』(30歳/企画)

服と小物の組み合わせが合っていない人も結構多いです。
コーデはきれいめな感じなのに、カジュアルなリュックを使っていたり。

もしくはカジュアルな服装なのに、パーティーに持って行くようなチェーンバッグを持っていたり。
そのアンバランスっぷりは、さすがに男性としても見逃せないでしょう。

(4)サイズが合っていない


『明らかにぶかぶかな服はダサい!』(33歳/経営)

コーデの基本は抑えているはずなのに、なぜかおしゃれじゃないのはどうして?と思いますよね。
それはサイズが自分に合っていない可能性があります。

プチプラの服を買うと、少し大きめなサイズでブカブカだったりすること、結構多いですよね。
そんなブカブカな袖やタイトに決まりきらない腰回りを見て、男性としてはなんとなく惜しいイメージを持つんです。

----------

いかがでしたか?
頑張っているのに、なかなかコーデがおしゃれに決まらず悩ましく思うことって結構ありますよね。
そんなときは一部だけ失敗していないか、サイズは合っているかなどをよく確認するようにしてみてくださいね!

(恋愛jp編集部)