【クイーンエリザベス2世C】武豊「若干運がなかった」ディアドラ関係者コメント

写真拡大 (全2枚)

 ドバイターフ4着後、そのまま香港競馬に参戦したディアドラは直線伸びてくるも6着敗退となった。道中は後方でポジショニングも悪くなる場面もややある中で、直線じわじわと伸びてくるも、前をいくライバルと同じ脚色でゴール。溜めて強烈な瞬発力を武器にする同馬には、レコードタイムが出るほどの馬場状態とペースが結果的に合わなかったのかもしれない。

6着 ディアドラ
武豊騎手
「馬の状態はすごく良かったと思いますね。パドックで跨ってから返し馬と非常に良い雰囲気でしたね。ある程度覚悟はしていましたけど、あまりスタートが速くないので、後ろのポジションにはなるのかなとは思っていたんですけど。道中も雰囲気は悪くなかったですけどね。ただちょっと3コーナー過ぎから、少しペースが上がったところで、そこで追走しなくてはいけなくなったので、ある程度想定はもちろんしてたんですけど、もう少し楽について行けてたら、ちょっと4角で置かれた分が痛かったかなという感じですね。今日はシャティンにしてはこのタイムが出るっていうのが、この馬には若干運がなかったかなと。もう少しタイムがかかる方が良いタイプの馬だと思うので。58秒台が、この競馬場で出るっていうのは思ってなかったですね。ディアドラはちょっと結果出せずに残念でしたけど、ウインブライトが勝って、日本の馬の強さというのを改めて示すことが出来たかなと思います」

レース結果、詳細は下記の通り。

 28日、香港のシャティン競馬場で行われた8R・クイーンエリザベス2世カップ(G1・3歳上・芝2000m)で松岡正海騎乗、日本馬ウインブライト(牡5・美浦・畠山吉宏)が快勝した。2着にエグザルタント(せん5・HK・A.クルーズ)、3着に日本馬リスグラシュー(牝5・栗東・矢作芳人)が入った。勝ちタイムは1:58.81(良)。

 日本馬、武豊騎乗のディアドラ(牝5・栗東・橋田満)は6着敗退となっている。

【チェアマンズスプリントプライズ】杉浦師「いつもより大人しい感じ…」ナックビーナス関係者コメント

松岡「いい競馬が出来た」

 ウインブライトが海外G1初挑戦、初制覇の快挙を成し遂げた。内枠から好スタートを切ると、内でじっと立ち回り隊列の真ん中をキープ。勝負どころ上手く馬群がバラけた所を抜けてくると、ラスト1ハロンの攻防で勝負根性を発揮して最後にグッともうひと伸び。ゴールした瞬間は松岡騎手が渾身のガッツポーズで喜びを爆発させた。殊勲の松岡正海騎手は「とても良いスタートをきれて、良いポジションを取ることが出来て、非常に自分でもいい競馬が出来たと思います。香港の皆さんの前でこういう競馬が出来てとても幸せです」と上手な英語でインタビューに答えた。

 日本から参戦したリスグラシューは3着、武豊騎乗のディアドラは6着敗退となった。

【全着順】
1着 ウインブライト
2着 エグザルタント
3着 リスグラシュー
4着 グロリアスフォーエバー
5着 パキスタンスター
6着 ディアドラ
7着 ダークドリーム
8着 ディノーゾ
9着 イーグルウェイ
10着 フローレ
11着 タイムワープ
12着 ワイクク
13着 エミネント