海上自衛隊が南極観測から撤退を検討 乗組員を振り分け中国に備え

ざっくり言うと

  • 海上自衛隊が南極観測船「しらせ」の運用からの撤退を検討し始めた
  • 乗組員をほかの艦船に振り分け、積極的な海洋進出を続ける中国に備えるそう
  • 撤退後の同船は、海洋研究開発機構などによる運用が想定されているとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング