28日、東京競馬場で行われた11R・スイートピーステークス(L・3歳オープン・牝・芝1800m)で2番人気、津村明秀騎乗、カレンブーケドール(牝3・美浦・国枝栄)が快勝した。クビ差の2着にシングフォーユー(牝3・美浦・牧光二)、3着に1番人気のセリユーズ(牝3・美浦・国枝栄)が入った。勝ちタイムは1:47.7(良)。

【端午S】ヴァニラアイスが3勝目を飾る

ディープインパクト産駒 カレンブーケドール

 カレンブーケドールはやや出負け気味にスタートを切ると、行き脚をつけて徐々に前へ進出。勝負どころでは早め3番手まで押し上げると、馬なりで先頭を伺う勢いで抜け出しを図った。ゴール前は3頭横並びでシングフォーユー、セリユーズが32秒台の脚で迫ったが、凌ぎ切ってゴール。前走のクイーンカップ4着とこのコース、実績共にこのメンバーでは力が上だった。1着となったカレンブーケドールには、5月19日に東京競馬場で行われるオークスへの優先出走権が与えられる。

カレンブーケドール 5戦2勝
(牝3・美浦・国枝栄)
父:ディープインパクト
母:ソラリア
母父:Scat Daddy
馬主:鈴木隆司
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 カレンブーケドール
2着 シングフォーユー
3着 セリユーズ
4着 レッドアネモス
5着 アフランシール
6着 クールウォーター
7着 ラシェーラ
8着 ウインメルシー
9着 ランペドゥーザ
10着 サムシングジャスト
11着 トロイメント
12着 シャワークライム