28日、京都競馬場で行われた5R・3歳500万下(ダ1800m)で1番人気、M.デムーロ騎乗、ゴルトマイスター(牡3・美浦・手塚貴久)が快勝した。6馬身差の2着にコンカラー(牡3・栗東・石坂正)、3着にマッスルビーチ(牡3・栗東・鈴木孝志)が入った。勝ちタイムは1:51.3(良)。

 2番人気で秋山真一郎騎乗、メイショウテンダン(牡3・栗東・南井克巳)は、5着敗退。

平成最後の天皇賞(春)はフィエールマンが差し切る

ゴールドアリュール産駒 ゴルトマイスター

 デムーロ騎乗のゴルトマイスターが6馬身差と楽勝のゴールを決めた。スタートから先手を主張しレースを引っ張った。終始マイペースでラップを刻み、12秒台後半でゆったりと進めるとラスト3ハロンでスパートを開始。直線入り口で後続との差を一気に広げるとあっという間に突き放してゴール前は流す余裕を見せた。

ゴルトマイスター 4戦2勝
(牡3・美浦・手塚貴久)
父:ゴールドアリュール
母:ナスケンアイリス
母父:フレンチデピュティ
馬主:ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
生産者:桜井牧場