画像はイメージです

写真拡大

 “男は視覚、女は聴覚で恋に落ちる”という言葉があるように、女性の中には男性の声に惹かれるという人も多い。稜子さん(仮名・25歳)も、恋人と付き合うことになった決め手は声だったという。

 「彼とは友人が開いた飲み会で知り合いました。私は低い声をした人が好きなのですが、その彼はまさしく私の理想の声質で、少し話しただけでゾクゾクしたのを覚えています。なので、その日はもちろん連絡先を交換し、何度かデートを重ねて付き合うことになりました」

 声を聞いているだけで、心地よかったという綾子さん。デートも盛り上がり、いよいよ2人で夜の時間を過ごす日がやってきたという。しかし、そこで彼女は、ドン引きしてしまうこととなる。

 「低い声フェチの私は、耳元でもあの低い声で囁いてもらいたいとワクワクしていました。しかし現実は、思い描いた光景とは全く違うものでした。ベッドでの行為になった途端、彼の声質は激変するのです。彼は感じれば感じるほど、『ああぁっ! うぅぅっ!』と子供みたいな高い声でずっと喘いでいるのでドン引きしました。声を出すなとは言いませんが、普段のセクシーな彼がそこにはいなかったため、幻滅してしまったんです」

 男性がベッドの上で出す声は、女性によって好みがあるようだ。

写真・Stephanie Overton