春から夏にかけて、1枚ではもちろん軽い羽織りとしても大活躍してくれる「シャツ」。どんなスタイルにもはまる万能アイテムで、アラフィフ世代のワードローブを助けてくれる大人の味方です。

今回は、おしゃれな着こなしに定評のある50代#CBKファッショニスタ・accoさんの”キレイめカジュアル”なシャツコーデと、あっこたんさんの”リラックスカジュアル”なシャツコーデをお届け! テイスト別にマネしたくなる着こなし術をレクチャーします。

accoさんの「キレイめカジュアル」な50代シャツコーデ

キレイめカジュアルな着こなしがお得意なaccoさんのシャツコーデは、上品さとカジュアルさのバランスが秀逸。小物合わせや少しのアレンジでオン・オフ両方OKなスタイリングに仕上がっているので、ぜひ参考にしてみて。

着用アイテム詳細

こちらは、ホワイトのロング丈シャツとテーパードパンツをレイヤードして、トレンド感を意識したコーデ。襟元のボタンを数個外して、首元にヌケ感を作るのがおしゃれに見せるコツです。
袖のカフスもラフに折り上げてこなれ感を演出。モノトーンでまとめているので、落ち着いた雰囲気で流行の重ね着コーデを楽しめます。

 

上品なベージュのシャツは、真っ白なワイドパンツと組み合わせてクリーンな印象に。ハイウエストにタックインすることで、上半身がコンパクトになり脚長効果も抜群。オペラシューズを合わせて、オフィスにも休日にもOKな万能スタイルに。

 

キレイ色のシャツはデニム合わせでカジュアルダウンすると着こなしやすくなります。イエローをセレクトするとフレッシュで春夏らしさ全開なスタイリングに。ホワイトの靴で足元にヌケ感を作れば、華やかなのに涼しげなキレイめカジュアルの完成です。

 

こちらのコーデは、真っ白なシャツワンピース1枚で洗練された大人の装い。スキッパー襟はシンプルですが、さりげなく顔まわりに奥行きを作ってくれるディテールなので、積極的に取り入れたい!
小物で少量のブラックを添えれば、メリハリが生まれて全体のバランスが整います。ウエストマークでスタイルアップも忘れずに。

 

可憐なレース付きのホワイトシャツワンピースに、ブラックのVネックニットを重ねてモノトーンコーデに。白×黒でまとめると、レース素材も甘さ控えめに仕上がり、大人の品格が漂います。
上品なキレイめコーデですが、足元にショートブーツでエッジを効かせた遊び心も素敵!

あっこたんさんの「リラックスカジュアル」な50代シャツコーデ

あっこたんさんのシャツコーデは、ゆるっとしたシルエットの中に大人のメリハリも感じられるリラックス感がたまらなくオシャレ! ナチュラルだけど野暮じゃない、その絶妙なさじ加減をぜひマネしたいところ。着こなし術を紐解きながら、そのテクニックをマスターしてみましょう。

定番のホワイトシャツには、リラックス感があるのに上品見えするリネン素材をセレクト。小さめな襟は主張し過ぎないので着こなしやすく、ちょっとのお茶目さをONしてくれます。
ベージュのワイドパンツでナチュラルに決めたら、トレンド感のあるメルカドバッグで今どきさをプラス。少量散りばめたブラックには、ゆるっとしたリラックスシルエットを引き締める効果もあります。

 

こちらは、ホワイトのロングシャツを羽織りとして使ったコーデ。インナーとスニーカーもホワイトで統一した中に、オレンジのスカートを投入して華やかさをプラスしています。シャツでスカートを覆うので、派手な印象はゼロ! かごバッグでナチュラルさを追加して、あっこたんさんらしいスタイルに。

 

大きなボタンや丸みを帯びたフォルムが特徴の淡いブルーのシャツは、ホワイトのパンツと合わせて爽やかにスタイリング。ゆるっとしたコーデのときも、首元・手首・足首の3首をちら見せするとヌケ感が作れ、軽く着こなせます。シャツの前後差のあるヘムラインも奥行きを作ってくれるポイント。

 

ホワイト×ベージュのナチュラルカラーコーデに、ブルーのリネンロングシャツをさっと羽織って涼しげな清潔感のある着こなしに。ワイドパンツとロング丈のシャツで重心が下がってしまいそうなときも、こんな淡い色合わせなら重さを気にせずコーデ可能です。また、7分袖を選んだのも軽さが出て好バランス!

 

濃色のロング丈シャツを着るときは、足元にパッと抜けるホワイトなどの明るいカラーを配置するのがポイント。こちらはネイビー×ホワイトで大人のマリンスタイルが完成! ピアスやバッグにもホワイトを投入し、ツートーンでまとめて統一感のある仕上がりに。シャツのボタンも白で統一した、さりげないけれど計算されたスタイルはさすがです!