(c)MBS

写真拡大 (全7枚)

みんな大好き「マヨネーズ」。サラダやお好み焼きだけに使っていてはもったいない、知って得するマヨネーズの活用法があった。4月23日放送の「教えてもらう前と後」では、マヨネーズを使っていつものチャーハンをパラパラにする方法や、天ぷらの衣がサクサクになる調理法を学んだ。この方法を知った後は、マヨネーズのことがもっと好きになること間違いなし!

チャーハンには油の代わりにマヨネーズ
.棔璽襪肪穗2杯分のご飯を入れ、 大さじ2杯分のマヨネーズとよく混ぜ合わせる。

△海里竿咾鬟侫薀ぅ僖鵑梅屬瓠▲船磧璽轡紂爾簍顱▲優などお好みの具材と炒める。
マヨネーズに入っている油が米の一粒一粒をコーティングすることで、 パラパラに仕上がるのだ。

マヨネーズで天ぷらの衣が激変
.泪茱諭璽座腓気1に水75mlを少しずつ加えてよく混ぜる。

⊂麦粉50gを加えて、少しダマが残るくらい混ぜる。

この衣をつけて170度〜180度の油で揚げる。

そもそも、天ぷらがベトッと油っぽくなる理由は、衣に水分が残ってしまうから。しかし、マヨネーズに含まれている油が揚げた時に衣の中を高温にするため、水分を一気に蒸発させることができ、食べた時にサクッと音がでるほどベタづかずに揚がるのだ。

油で揚げないマヨネーズエビフライ
ヽは靴縫泪茱諭璽困鯏匹辰謄僖麒瓦鯢佞韻襦

▲ーブントースターで5分焼くだけ。

たったこれだけで、まるで揚げたかのような海老フライの完成だ。マヨネーズの油が分離してすごくサクサク。ほんのり香るマヨネーズの風味が美味しさをアップさせてくれる。

こうした調理法はキユーピーが発表したもので、キユーピーマヨネーズキッチン「裏ワザレシピ」としてホームページにも掲載されているのでご参考に。

「教えてもらう前と後」はMBS/TBS系で毎週火曜日よる8時放送。政治・経済・健康・アート・歴史など毎回その分野のスペシャリストが登場し、「知のビフォーアフター」を体感できる。
次回5月7日(火)の放送では「市販のルーを使ってカレーを美味しくする極意」を教えてくれる。

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!
過去の放送はこちらからご覧ください。