ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 同じく春に行なわれる古馬中距離路線の大阪杯(阪神・芝2000m)がGIに昇格して3年目。やはりその影響もあるのでしょう、昨年もそうでしたが、今年のGI天皇賞・春(4月28日/京都・芝3200m)も、GI馬の出走は1頭のみと、やや寂しいものになってしまいました。

 それでも、唯一のGI馬、昨秋のGI菊花賞(京都・芝3000m)を制したフィエールマン(牡4歳)をはじめ、同レースの上位陣がこぞって出走。加えて、長距離戦で実績を挙げている面々がそろって、レース自体は見応えのあるものになりそうです。

 まず注目されるのは、その昨秋の菊花賞で上位に名を連ねた馬たちです。

 前述のとおり、勝ち馬はフィエールマン。菊花賞では、夏のGIIIラジオNIKKEI賞(2着。福島・芝1800m)からという、過去に例のない臨戦過程で勝利を挙げました。

 昨春の桜花賞を制したアーモンドアイをはじめ、先の桜花賞を快勝したグランアレグリアや皐月賞を勝ったサートゥルナーリアなど、最近は長期休養明けのぶっつけ本番でも好結果を出す馬が増えています。トレセンのみならず、放牧先での調教技術がそれだけ進歩している、ということなのでしょう。

 ただ、馬券検討においては、さすがに難儀です。前哨戦など直前のレースを使ってくれないと、どの程度成長しているのか、そこでの仕上がり具合と本番へ向けての上積みはどうなのか、あるいはマイナス要素はあるのか、さらには他馬との力関係はどうかなど、そうしたことがまったく読めず、レースを予想するうえでの材料が少なくなってしまいますからね。

 それはさておき、菊花賞後のフィエールマンの臨戦過程については、やや解せないところがあります。

 同馬は、もともと競馬にいけば一生懸命走るタイプ。その分、レースを使ったら、疲れを取るまでには時間がかかる馬だと見ています。ですから、休み明けのGI、それも3000m戦を目いっぱい走ったとなれば、それなりに疲れがあったはずで、その疲れを癒すとなれば、これまで以上に休養を取ると思っていました。

 ところが、年明けすぐのアメリカジョッキークラブC(1月20日/中山・芝2200m)から始動しました。3月末のドバイ遠征を視野に入れてのことだったようですが、これまで前哨戦を使ってこなかったこの馬のことを考えれば、菊花賞から直行でもよかったはず。そこが、少々腑に落ちないんですよね。

 しかも、同レースで2着に敗れ、その敗因について陣営が「休み明けだから」と語ったことにも、ちょっと違和感を覚えます。そもそも休み明けで結果を残してきた馬ですからね。

 そう考えると、今回のフィエールマンについては、AJCCを使った影響が気になるところです。昨年末、放牧先から早々にトレセンに戻ってきて、厳寒期に調整するはめにもなっていますからね。

 もちろん、何ら影響がなければいいのですが、仮にAJCCの敗戦が尾を引くようなら、菊花賞でフィエールマンの後塵を拝した面々にも逆転のチャンスは大いにありそうです。

 なかでも、菊花賞2着のエタリオウ(牡4歳)は、逆転候補の最右翼。前哨戦のGII日経賞(3月23日/中山・芝2500m)でも2着でしたが、この馬の場合、2着が”最高着順”という見方もできますし、内容も決して力負けといった走りではありませんでした。おそらく陣営も、本番に向けてかなりの手応えを持っているのではないでしょうか。

 同馬はまだ1勝馬ですが、重賞で2着4回と、GI馬と変わらぬ戦績を残しています。「最強の1勝馬」と言え、皮肉もこの夏から変更される競走条件の呼称(※)に当てはまらない、例外的な存在になりそうですね。
※クラス分けの呼称が、現行「500万円以下」→「1勝クラス」、「1000万円以下」→「2勝クラス」、「1600万円以下」→「3勝クラス」へと変わる。

 菊花賞3着のユーキャンスマイル(牡4歳)も、逆転の目が十分にあります。この馬もまた、エタリオウと同じく勝ち味に遅いイメージがあったのですが、前走のGIIIダイヤモンドS(2月16日/東京・芝3400m)では、鮮やかな勝利を飾りました。

 同レースで鞍上を務めた岩田康誠騎手との手も合っていたのでしょう。少しクセのあるタイプに見えますし、いいジョッキーとめぐり会えた印象があります。勝ち負けを争ってもおかしくありません。

 もう1頭、菊花賞5着のグローリーヴェイズ(牡4歳)も可能性があります。菊花賞では、外枠不利と言われる京都・芝3000mの舞台で大外の18番枠。それだけでかなりのビハインドとなりましたが、レースでも終始外目を回されていました。

 また、そのレースぶりからは1番人気のブラストワンピース(4着)をマークしているように見えました。これも、結果的には仇となってしまったのではないでしょうか。

 というのも、上がりタイムは、内で我慢して脚をタメていた上位3頭、フィエールマン、エタリオウ、ユーキャンスマイルと同じでした。それでいて結果に差が出たのは、位置取りと通ったコースの差が出てしまったと言えます。これは結果論なので、騎手を責めることはできませんが、力負けではなかったことは確かでしょう。

 年明け初戦でGII日経新春杯(1月13日/京都・芝2400m)を制し、重賞ウイナーとなって、あらためて菊花賞上位組と再戦。注目していい1頭だと思います。

 さて、今回の天皇賞・春の「ヒモ穴馬」ですが、実績的にはやや見劣りますが、カフジプリンス(牡6歳)を取り上げたいと思います。勝ち鞍すべてが芝2000mを超える距離のもので、その走りからしても、瞬発力というよりは持久力勝負でこそ、というタイプに見えます。


距離が長ければ長いほどよさそうなカフジプリンス

 前走のGII阪神大賞典(3月17日/阪神・芝3000m)でも、勝ったシャケトラには千切られましたが、この馬自身は最後までしっかり伸びていました。おそらく距離は長ければ長いほど、いいのではないでしょうか。 天皇賞・春は、最後の瞬発力勝負になる時もありますが、淀みない流れで持久力がモノをいうレースになることが多いです。あくまでも展開次第ですが、厳しい流れになれば、出番があってもいいと思います。今年の場合、その可能性は決して低くないと思うんですよね。