【青葉賞】キタサンバルカン  得意の東京でチャンス

写真拡大

青葉賞
キタサンバルカン

前走のゆりかもめ賞(2着)は勝った馬が強かったものの、未勝利戦ではセリユーズ(2勝)やインテンスライト(2勝)を負かして勝ち上がったように、東京コースを得意としているキタサンバルカン(牡3、奥村武)。2歳女王・ローブティサージュの近親にあたる血統馬が、ダービーへの切符をつかむか。

【青葉賞】アドマイヤスコール スタミナ十分でタイトル狙う

奥村武師「トモに力がついて…」

 
奥村武調教師は「今週の追い切りは坂路で。そう動くタイプではないのですが、予定通りの時計で丁度良かったと思います。トモに力がついて踏ん張りがきくようになってきたし、ゲートの出も良くなってきました」と目下の充実ぶりを強調した。