平成最後のGIレース、天皇賞・春(京都・芝3200m)が4月28日に行なわれる。

 そんな節目の一戦でありながら、登録段階でフルゲート割れ。格上挑戦の馬も参戦するとあって、例年以上に波乱ムードが漂っている。そのメンバー構成を見て、日刊スポーツの木南友輔記者はこんな見解を示す。

「下馬評も含めて(レースの)中心と見られているのは、昨年のGI菊花賞(京都・芝3000m)の1〜3着馬(フィエールマン、エタリオウ、ユーキャンスマイル)と、前走重賞勝ちのメイショウテッコン、グローリーヴェイズら4歳勢でしょう。

 こうした状況を見て、頭に浮かんだのが2004年の天皇賞・春。4歳の”4強”が崩れた年です。当時のことを思うと、上位人気を形成する今年の4歳馬たちは大丈夫なのか? という気持ちになりますね」

 木南記者が例に挙げた2004年は、前年の菊花賞で1〜4着に入ったザッツザプレンティ(3番人気)、リンカーン(1番人気)、ネオユニヴァース(2番人気)、そしてゼンノロブロイ(4番人気)ら4歳勢が上位人気を独占した。だが、勝ったのは5歳馬イングランディーレ。10番人気という人気薄で、単勝は71倍もついた。

 さらに、上位人気の4歳馬で馬券に絡んだのは、2着に入ったゼンノロブロイだけ。3着にも5歳馬シルクフェイマス(5番人気)が入線し、3連単も21万1160円という高配当となった。

 今年の天皇賞・春は、そのときのイメージがあるという木南記者。無論、狙いは人気の4歳勢以外となる。

「気になっているのは、クリンチャー(牡5歳)とチェスナットコート(牡5歳)です」

 前者は昨年の3着馬で、後者は同5着馬だが、ともにその後のレースはパッとしない。地力はあっても、ここではかなりの人気薄となることは間違いない。それでも、木南記者は以下のように語って、2頭の激走に期待する。



昨年の天皇賞・春でも3着と好走したクリンチャー

「クリンチャーは昨年、年明けにGII京都記念(京都・芝2200m)を制して、GII阪神大賞典(阪神・芝3000m)で3着となったあと、天皇賞・春では見せ場十分の3着でした。

 そして今年、年明け初戦となる前走・GII日経賞(3月23日/中山・芝2500m)では、7着と惨敗。外枠発走で、展開的にも前にいく馬にとっては厳しかったと思います。

 一昨年の秋には、GIIセントライト記念(中山・芝2200m)で9着と大敗したあと、菊花賞で2着と激変した馬。直前の気配次第ですが、3着となった昨年の走りができれば、今年もいい競馬になるはずです」

 昨秋は凱旋門賞にも挑戦したクリンチャー。潜在的な能力を考えれば、確かに一発あってもおかしくない。

 続いてチェスナットコートについて、木南記者はこう分析する。

「チェスナットコートは、初勝利がデビュー6戦目。3歳春の新潟でした。(レースを)使って、使ってよくなっていった馬です。昨秋のメルボルン遠征のあと、およそ4カ月半ぶりに挑んだ前走の日経賞では9着と完敗を喫しましたが、レースを使ったことによる一変があっても驚けません。

 また、第1回、第2回開催では上がりがかかっていた京都ですが、それが嘘のように第3回開催の開幕週では、かなりの高速馬場となっていました。速い上がりが求められるレースとなれば、この馬にとってはプラス。展開次第では、侮れない存在になると思います」

 木南記者が指摘する馬場状態については、デイリー馬三郎の吉田順一記者も注視。その点を鑑みて、天皇賞・春についての見通しも語る。

「今開催の(京都競馬場の馬場について)馬場造園課の見立ては、『雨中の競馬が少なく、昨年よりいい状態です』ときっぱり。天候に恵まれて、野芝は元気いっぱい。絶好のコンディションで開幕週を迎えました。

 すると、開幕週のレースでは見たことのないような、驚異的なタイムが続出。当初の想像を上回る、超高速馬場となっていました。

 これで、前が止まらないことを(頭の中に)植えつけられたジョッキーの心理から、仕掛けはどうしても早くなりそうです。そこで、展開のキーマンとなりそうなのが、勝ち味に遅いエタリオウ。長く脚を使いたいでしょうから、なおさらです」

 つまり、生粋のステイヤーであるエタリオウが早く動くのではないか、と吉田記者は見ている。そうなると、前にいく組にとっては厳しい展開になりそうだが、吉田記者は逆に、その先行勢にチャンスがあると言う。

「今の馬場を踏まえれば、そのエタリオウが来るまでに楽をしている前の組が優勢です。そこで面白いのが、逃げるロードヴァンドール(牡6歳)です」

 日経賞で逃げ切り勝ちを収めたメイショウテッコンとの激しい先行争いが予想されるが、「そうはならない」というのが吉田記者の見立てだ。

「メイショウテッコンは、昨夏のGIIIラジオNIKKEI賞(福島・芝1800m)を好位につけて快勝。外からのプレッシャーさえなければオーケーというタイプで、そこまでハナにはこだわらないと思います。

 ロードヴァンドールに(前を)いかして、離れた2番手という位置も想定しているでしょう。それに、ロードヴァンドールの鞍上を務める横山典弘騎手と、メイショウテッコンの手綱を取る福永祐一騎手なら、うまく兼ね合いがついて、バチバチとやり合わない可能性が高いです。

 また、年明け初戦ではGII日経新春杯(13着。1月13日/京都・芝2400m)を使いましたが、当初『万葉S(1月6日/京都・芝3000m)を使いましょう』とジョッキーから進言があったとのこと。馬体や血統から『一気に距離を延ばすのはどうか?』という危惧もあって、日経新春杯に落ち着いたようですが、そもそも横山典騎手が『長距離でも結果を出せる』と判断していたことは心強い限りです。

 実際、3000m戦の前走・阪神大賞典で3着と善戦。状態的にも復調気配を見せて、今回はさらにいい状態に仕上げてきそうです。馬場と展開を味方にして、波乱を演出してくれるのではないでしょうか」

 吉田記者はもう1頭、ロードヴァンドールの2番手につけると踏んでいるメイショウテッコンも穴馬として推奨する。

「メイショウテッコンもすんなり2番手につけられれば、残り目は十分にあります。加えて、快勝した前走時以上に、馬体がスカッとしたシルエットを示している点に好感が持てます。

 前走の日経賞では、時計がかかっていましたが、昨夏のラジオNIKKEI賞はそれなりのペースでした。勝ち時計も悪くなく、スピード競馬にも対応できる下地はあります」 とにもかくにも、平成最後のGI。ぜひともオイシイ配当を手にして、新たな時代を迎えたいものだ。その手助けをしてくれる馬が、ここに挙げた4頭の中にいても不思議ではない。