映画『ロケットマン』伝説的ミュージシャン”エルトン・ジョン”の半生を描く、タロン・エガートン主演

写真拡大

伝説的ミュージシャン“エルトン・ジョン”の半生を描いた、タロン・エガートン主演の映画『ロケットマン』が、2019年8月23日(金)に公開される。

エルトン・ジョンの人生を描いたミュージック・エンターテイメント

映画『ロケットマン』は、ミュージック・エンターテイメント作品。音楽界の最高峰グラミー賞を5度受賞し、「ローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大なアーティスト100組」にも選ばれた“エルトン・ジョン”に焦点を当て、その波瀾万丈な人生を描く。

ボヘミアン・ラプソディxキングスマンの制作陣が集結

監督は日本でも大ヒットした『ボヘミアン・ラプソディ』のデクスター・フレッチャー。同じ音楽を題材にした映画だけに期待が高まる。そして『キングスマン』シリーズの監督を務めていたマシュー・ヴォーンがプロデューサーとして参加した。なお、エルトン・ジョン自身もプロデューサーとして映画に関わっている。

タロン・エガートンがエルトンに

エルトン・ジョン役を演じるのは『キングスマン』シリーズのタロン・エガートン。両親から満足な愛情を注がれずに育った少年時代から、並外れた音楽の才能を認められ、瞬く間に伝説的ロックミュージシャンへの道を駆け上がっていったエルトン・ジョンの青年時代を演じる。また過酷なボイストレーニングを経て、エルトン・ジョンの楽曲を吹き替え無しで歌いきったという渾身の美しい歌声にも注目だ。

タロン・エガートンにインタビュー

映画『ロケットマン』公開に先立ち、来日したタロン・エガートンにインタビューを実施。伝説的ロックミュージシャン、エルトン・ジョンを演じるにあたっての入念な役作りや、彼を演じた経験から俳優タロン・エガートンが学びとったものについて聞くことができた。

劇中では素晴らしい歌声を披露していましたね。

5か月間のボーカルのレッスンを受けて、今回の役に備えました。実は、制作当初から劇中歌を全て吹き替え無しで歌うことが決まっていたので、作品の中に歌をどのように盛り込むか、という制作段階から自分も関わっていたんです。スタジオの中でデクスター・フレッチャー監督と、音楽プロデューサーのジャイルズ・マーティンと一緒に、物語のどの場面でどのようにエルトンの歌を入れていくのかを考えました。原作を大切にしつつも、物語に沿う形で少しずつアレンジを加えていくといった感じです。そこで歌をたくさん歌っていく中で、自分の歌唱力が向上していることも実感できました。

ピアノを弾いている姿も印象的でした。

ピアノも練習しましたが、楽器は短時間で習得できるものでは無いので、パッと見たときに自然にピアノを弾いてるな、と思わせる雰囲気づくりを重視しましたね。パフォーマンスの動画もたくさん見ました。

エルトン・ジョンという人物を演じる上で、歌とピアノ以外にはどのような準備をしましたか。

エルトンの内面を理解するために、本も読んだし、彼の日記も読んだし、彼の自宅に数日泊まり、頻繁に会うこともしていました。本当に自分の生活全てが役作りに没頭するような形になりました。彼のことを個人的な友人のように知ることで、彼という人物がより身近でリアルな存在に感じられるようになり、そのことが演技に活かされたと思います。

エルトンとは具体的にどのような話をしたのですか。

エルトンと家族の関係であるとか、家族に対してどのような思いを持っていたのか、歌やパフォーマンスに対してどんな思いを持っていたのか。あとはバディである作詞家のバーニー・トーピンに初めて会った時にどう思ったか、恋人でもあったマネージャーのジョン・リードとの関係や彼に対する気持ち、関係性がだんだん悪くなっていったときにどんな思いを抱いていたかといったことを話しました。触れてはいけないことは何一つありませんでした。

エルトンを演じる前と後で、彼に対する印象は変わりましたか。

今はエルトンのことをすごく個人的に知っているけど、前はそれこそ本当に実在するのかどうかっていう遠い存在でしたね。有名でカリスマのような存在。本当に“文化遺産”みたいな人で、雲の上の人だった。でもエルトンとの対話を通じて、彼のように有名な人の裏にも、感情の大きな振れ幅や弱さ、脆さといった人間味があることを知りました。彼は本当に素晴らしい人です。今でも週に2.3回話をするほど親しくさせてもらっていて、彼と一緒に過ごす時間はかけがえのないものです。

エルトンを演じることが、俳優としてのキャリアにどんな影響を与えてくれたと思いますか。

自分が30代になっていく中で、もっと円熟味のある役をやっていくといいなと思っていたのですが、その入り口的な役になってくれたと思います。20代は『キングスマン』をはじめ面白い役をたくさんやらせてもらっていたけど、若く、未熟な役が多かった。エルトンは、これまでで最も複雑で入り組んでいて、それでいて成熟していた役柄でした。『ロケットマン』を見た人に、タロン・エガートンはいろんなことができる俳優なんだ、レンジの広い俳優なんだということを見て欲しいし、目に留まってくれれば嬉しいです。

今後チャレンジしていきたいことはありますか。

役者としては、自分の内面とはかけ離れた役柄にどんどん挑戦していきたいです。『キングスマン』でも『ロケットマン』でもそうだったように。あと歌う役は、今後もどこかでやりたいですね。それから、演じることも好きなんですが、映画を作ることそのものがすごく好きなので、いつかはカメラの前ではなく後ろに立つ立場になれたらと考えています。それこそ俳優から監督になったデクスター・フレッチャーのようになりたい。それははるかかなた先のことになると思うけど(笑)。プロデュースや制作についても、もっと勉強していきたいです。

圧巻のミュージカルシーンも

劇中には、19歳のエルトンが「SATURDAY NIGHT’S ALL RIGHT FOR FIGHTING/土曜の夜は僕の生きがい」を夜の遊園地で歌い踊るミュージカルシーンも。このワンシーンを作るために集められたのは、約300人に及ぶエキストラと約50人のダンサーたち。ロックンロールに目覚めたエルトンの10代の全盛期を、パワフルな演出と共に再現した圧巻のシーンとなっている。

豪華キャスト勢

主役の脇を固めるのは、『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベル、『ジュラシック・ワールド』シリーズのブライス・ダラス・ハワード、『シンデレラ』のリチャード・マッデンといった実力派キャスト勢の顔ぶれが揃う。

カンヌでエルトン×タロン

カンヌ国際映画祭でも『ロケットマン』は上映され、映画が終わると約5分以上のスタンディングオベーション。主演のタロン・エガートンとエルトン・ジョンのツーショットも見られた。タロン・エガートンはエルトンの曲について、「自分の人生の思い出の一部」と話した。

なお、エルトン・ジョンとタロン・エガートンが共演した新曲「(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン」が『ロケットマン』のエンドロールを飾る。

『ロケットマン』詳細

映画『ロケットマン』
原題:ROCKETMAN
公開日:2019年8月23日(金)
監督:デクスター・フレッチャー
脚本:リー・ホール
製作:マシュー・ヴォーン
出演:タロン・エガ−トン、ジェイミー・ベル、ブライス・ダラス・ハワード、リチャード・マッデン
全米公開:2019年5月31日(予定)
配給:東和ピクチャーズ
■特典付きムビチケカード
発売日:2019年6月7日(金)
※チケット1枚につき豪華台紙付きのコレクターズ・ミュージック・カード1枚が付属。


[写真付きで読む]映画『ロケットマン』伝説的ミュージシャン”エルトン・ジョン”の半生を描く、タロン・エガートン主演

外部サイト

  • 映画『バイス』主演クリスチャン・ベールにインタビュー”この映画は人間の検証のような作品”
  • 「第10回逗子海岸映画祭」海岸で野外上映会 - 『ネバーエンディング・ストーリー』など名作映画
  • 「爆音映画祭」109シネマズ名古屋で、ボヘミアン・ラプソディやラ・ラ・ランドなど高品質な爆音上映