「ハプスブルク展」国立西洋美術館で - ハプスブルク家の美術品を紹介、マリー・アントワネットの肖像も

写真拡大

「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」が、2019年10月19日(土)から2020年1月26日(日)まで、国立西洋美術館にて開催される。

欧州随一の名門・ハプスブルク家の美術コレクションを紹介

「ハプスブルク展」は、欧州の歴史上で随一の名門・ハプスブルク家に焦点を当てた美術展。ハプスブルク家は、広大な領地を支配下に収め、神聖ローマ皇帝を代々世襲するなど、13世紀末にオーストリアに進出して以降、オーストリア帝国が崩壊するまで、数世紀にわたってヨーロッパの表舞台で常に脚光を浴びてきた名家だ。

ハプスブルク家の人々はまた、絵画や工芸品、武具などからなる豊かなコレクションを築いたことでも知られており、その主要部分はウィーン美術史美術館に収蔵されている。

「ハプスブルク展」では、ウィーン美術史美術館の協力のもと、世界屈指と言われるハプスブルク家のコレクションを展示。コレクションの歴史を軸に、コレクターごと、もしくは時代ごとに、その個性や傾向を明らかにしていく。

マリー・アントワネットや王女マルガリータ

また、歴史を彩ったハプスブルク家の人物たちも、作品を通して紹介。政略結婚によりフランス王家に嫁ぎ、フランス革命のさなかに処刑された悲劇の王妃・マリー・アントワネットをはじめ、その母である女帝・マリア・テレジア、ハプスブルク家のスペイン系当主であったスペイン国王のフェリペ、フェリペの娘である王女マルガリータ・テレサ、稀代のコレクターとして知られる神聖ローマ皇帝・ルドルフ2世などが登場する。

詳細

ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史
会期:2019年10月19日(土)〜2020年1月26日(日)
会場:国立西洋美術館
住所:東京都台東区上野公園7-7

【問い合わせ先】
03-5777-8600(ハローダイヤル)
[写真付きで読む]「ハプスブルク展」国立西洋美術館で - ハプスブルク家の美術品を紹介、マリー・アントワネットの肖像も

外部サイト

  • 「ゴッホ展」東京&兵庫で開催 - ゴッホ独自の作風に導いたハーグ派&印象派との出会い
  • ブリヂストン美術館がリニューアルで「アーティゾン美術館」に、新芸術・文化拠点「京橋彩区」内に誕生
  • 「クリムト展」 東京・愛知で開催 -《ユディトI》など過去最大級、20点以上の油彩画