韓国のトップアイドルで、日本でも人気のパク・ユチョン(32)の体毛から薬物の陽性反応があったと、きのう23日(2019年4月)の韓国メディアがいっせいに伝えた。警察当局は拘束令状を検察に申請した。

キャスターの伊藤利尋アナ「現時点では、報道だけですけど、当局は間違いなく調べています」

薬物使用容疑で逮捕された元婚約者で、大手乳業メーカー創業者の孫娘のファン・ハナ容疑者(31)が、「ユチョンにすすめられた」と供述したことから、捜査上に浮かび上がった。警察に出頭した際は頭髪以外の体毛をすべてそって、館員検査は陰性だったが、脚の毛の「毛根部分まで採取して」(伊藤キャスター)国立科学捜査研究院で精密検査をした。

尿検査より厳しい検査

薬物検査に詳しい雨宮正欣氏によると、尿検査は1、2週間しかさかのぼれないが、毛髪だと数か月までさかのぼれる。「脚の毛をとるのはまれで、頭髪検査では十分でない場合に行う」という。

デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「微量でも、警察は自信があったのだろうね。ユチョンはこんなことをしてどうなるか。想定できなかったのだろうか」

司会の小倉智昭「ユチョンは韓国では大スターですよ」

深澤真紀(コラムニスト)「休業問題が国会でとりあげられたこともあるぐらいの国民的スターです。リハビリをどうするのでしょうか」