6月の世界開発者会議(WWDC 19)で発表されるiOS13では、iPadがマウス操作に対応する、との情報を著名開発者が肯定しています。現在Appleに勤務するエンジニアが以前、iPadをマウスで操作するデモ動画も公開しています。

著名開発者「iPadのマウス対応は確かに開発中」

MacStoriesの編集者フェデリコ・ビティッツィ氏が、ホストをつとめるPodcast番組「Connected」で、現地時間4月17日に「iOS13では、iPadがUSB-C接続のマウスに対応するようだ」との情報を紹介しました。
 
ビティッツィ氏は、iOS13でのマウスやトラックパッド対応はiPad限定で、アクセシビリティの設定項目として利用可能になるようだ、とも語っています。
 
この情報について、iOSやmacOSから数々の発見をしている著名開発者のスティーブ・トラウトン−スミス氏もTwitterで

私の知る限り、それ(iPadのマウス対応)は確かに開発中です。

と発言し、iPadのマウス対応の情報を支持しています。
 


 
iPadのマウス対応は、iOSアプリがmacOSで動作可能になるプラットフォーム「Marzipan」と関係が深いのではないかと考えられます。

Appleの技術者がiPadをマウス操作する動画を公開

興味深いことに、iOSデバイスをマウスで操作可能にする「PointerKit」のデモ版が、2017年にGitHubで公開されています。
 
「PointerKit」を公開した開発者のルイス・ドハべ氏は、2018年10月にはAppleに勤務しています。
 


 
iPadをマウスとタッチスクリーンの両方で操作する、PointerKitのデモ動画は、2017年5月に公開されています。
 

 

次期macOSではiPadはMacのサブディスプレイにもなる

6月3日からのWWDC 19で発表が見込まれるiOS13については、システム全体でダークモードが利用可能になるほか、iPad向けの新機能が追加されるとの情報や、「アニ文字」に4つの新キャラクターも追加されるとの情報が伝えられています。
 
また、macOS 10.15では、iPadをMacのサブディスプレイとして利用可能になる、とも報じられています。
 
 
Source:iDownloadBlog
(hato)