ダイエット中は朝食は食べたほうがいい?

写真拡大 (全7枚)

ダイエット中の朝食は食べていますか?それとも食べませんか?それによってダイエット効果が変わるかもしれません。今回はダイエット中の朝食についてご紹介します。

朝食を食べる人と食べない人がいますが、ダイエット中はどうしたらいいのでしょうか?「食べた方が痩せるのか」、「食べない方が痩せるのか」気になりますよね!

今回は、ダイエット中の朝食の有無について追求したいと思います。それぞれメリットとデメリットがありますので、参考にしてください。

ダイエット中の朝食はどうしていますか?

出典:GODMake.

糖質制限やカロリー制限など、ダイエットに食事制限は付きものです。特に夕食の量を調整する人は多いと思います。たしかに夕食のあとは寝るだけなので、食事の量を減らしても問題ないと思いますが、朝食はどうなんでしょうか?

食べると食べないのどちらがダイエットに効果的なのか・・・。まずはそれぞれのメリット・デメリットをみてみましょう。

朝食を食べるメリットとデメリット

出典:GODMake.

まずは朝食を食べるメリットとデメリットをご紹介します。

1. メリット

1. 脳が活発になる

朝食によってブドウ糖が補給されます。ブドウ糖は脳のエネルギーになるので、朝から脳が冴えて行動的になれるでしょう。「行動的」になることで、いつもより消費カロリーが増えるかもしれません。

2. ストレス軽減

空腹によるストレスが少なくなるので、「ドカ食い」が防げるかもしれません。また、ストレスが少なくなればホルモンバランスが整います。ホルモンバランスが整うと、「肌の回復や脂肪の分解が促進」されるそうです。

3. 糖が脂肪に変わりづらくなる

食後は血糖値が上昇します。その上昇具合が急なほど、インスリンが分泌して糖を脂肪として蓄積してしまうのです。朝食を食べると、朝と昼の食間の血糖値が安定するので「太りづらく」なります。これは朝食に限ったことではなく、どの時間帯も空腹すぎるのはダイエットによくないかもしれません。

2. デメリット

カロリーオーバー

朝も昼も夜も満腹になるまで食べては「カロリーオーバー」になります。三食の合計を計算して、目標のカロリーを決めましょう!そうすればデメリットはなくなります。

朝食を食べないメリットとデメリット

出典:GODMake.

次に朝食を食べないときのメリットとデメリットをご紹介します。

1. メリット

1. 昼と夜にたくさん食べられる

朝食を食べないぶん、昼と夜の食事量を増やすことができます。人付き合いなどで外食が多い人には有効かもしれませんね。

2. 胃腸が休まる

空腹時間が長いことで胃腸が休まります。胃腸の調子がよくなると栄養の吸収がスムーズになるので、「筋肉や肌の状態が良くなる」とのことです。また、調子がよくなれば「代謝の向上」も期待できるかもしれません。

2. デメリット

リバウンドしやすくなる

朝食を食べないと、夜から昼まで空腹でいることになります。空腹中は脂肪よりも筋肉が分解されやすくなるので、仮に痩せても代謝が落ちて「リバウンドしやすい体質」になってしまうかもしれません。

また、極端な空腹状態からの食事は血糖値が急上昇するので、摂取した糖が脂肪として蓄積されやすくなります。

どっちがいいの?

出典:GODMake.

痩せたときにリバウンドしたくないのなら、朝食は食べるようにしたほうがいいでしょう。空腹状態が長いと筋肉が分解されてしまい、脂肪だけ残った痩せ方になってしまうかもしれません。

とはいえ朝食が食べられない人もいると思います。その時はタンパク質が豊富な飲み物だけでも飲みましょう!豆乳や牛乳、プロテインでもOKです!少量でも摂取すれば、お昼まで筋肉分解を抑制できます。

朝食向けの高タンパク質食品

出典:GODMake.

朝食向けの高タンパク質食品をご紹介します。何度かお伝えしましたが、筋肉が分解されると痩せてもリバウンドしやすくなります。タンパク質を摂取すれば、あるていど筋肉の減少を抑えられるようになるでしょう。

1. オートミール

白米と比べてタンパク質量や食物繊維、ビタミンが豊富に含まれています。また、鉄分も豊富なので貧血気味の人にもおすすめです。中華スープに入れたり、塩コショウをいれても美味しいですよ!

2. 卵

卵のタンパク質は良質で吸収が早いのが特徴です。スクランブルエッグでもいいですし、ベーコンやハムなど肉類も一緒に食べると、よりタンパク質が豊富になります。

3. ほうれん草

野菜の中では高タンパク質です。良質なオリーブオイルをかけて食べると美味しいですよ!また、サラダとして食べるならナッツをいれるとタンパク質が増えます。

4. 大豆製品

納豆や豆腐、豆乳には植物性タンパク質が豊富に含まれています。食物繊維も豊富なので、便通もよくなるので美容にも効果的です。

5. ヨーグルト

できれば砂糖は入れないほうがダイエットになります。蜂蜜やフルーツで味をつけてみましょう。ヨーグルトの種類によっても効果が変わるので、自分にあったヨーグルトを探すのもいいかもしれません。

体作りの基本は食事から

出典:GODMake.

朝食とダイエットの関係についてご紹介しました。結論は人それぞれ異なりますが、できれば朝食は食べたほうがダイエットになると思います。ダイエットは体作りなので、食事を疎かにしてはよい結果になりません。

それでは、綺麗に痩せられるように朝食は食べてくださいね!