20日、京都競馬場で行われた12R・4歳上1000万下(ダ1800m)で1番人気、斎藤新騎乗、カレンカカ(牡5・栗東・安田隆行)が快勝した。3馬身差の2着にマイネルオスカル(牡4・栗東・長谷川浩大)、3着にエルデュクラージュ(せん5・栗東・池添学)が入った。勝ちタイムは1:51.7(良)。

2番人気で松山弘平騎乗、ナムラヘラクレス(牡5・栗東・村山明)は、13着敗退。

【京都7R】ノヴェリスト産駒 武豊ピエナミントが直線一気の差し切り

斎藤新騎手は新人らしからぬ落ち着いた騎乗を見せる

人気に応えてカレンカカが好位から抜け出し、同馬は嬉しい4勝目を飾った。最内枠
を生かして好位で流れに乗ると勝負どころでも抜群の手応えで進出。直線入り口では逃げ馬との差が5馬身超あったが、全く慌てる素ぶりなく馬のリズムに合わせて追い出しを開始。直線半ばであっという間に捉えてキッチリと人気に応えた。

カレンカカ 20戦4勝
(牡5・栗東・安田隆行)
父:クロフネ
母:スプリングチケット
母父:トニービン
馬主:鈴木隆司
生産者:社台ファーム