キンプリ永瀬さんはパンケーキに苦戦!?映画『うちの執事が言うことには』完成披露舞台挨拶イベントレポート!

写真拡大 (全6枚)

4月18日にEBiS303にて、映画『うちの執事が言うことには』の完成披露舞台挨拶イベントが行われました!

本作品が映画初主演となった永瀬廉さん(King & Prince)のほか、清原翔さん、神宮寺勇太さん、 優希美青さん、神尾楓珠さん、矢柴俊博さん、村上淳さん、吹越満さん、監督の久万真路さんが登壇。

撮影の裏話もたくさん聞けたイベントの様子をレポートします!

たくさんの歓声に迎えられて豪華キャストが登場&挨拶!

後方の扉からキャストが登場した瞬間に会場では歓声が響き渡ります。

中には手作りのうちわを持参するファンの方もいらっしゃいました。

登壇すると、主演を務めた永瀬廉さんが「今日は『うちの執事の言うことには』の完成披露試写会にお越しいただき、ありがとうございます。最後まで楽しんでいきましょう、よろしくお願いします!」と言ってイベントがスタートしました。

続いて清原翔さんも「今日は作品にまつわることや色んなことを話すので、よろしくお願いいたします」と挨拶。

ここでしか聞けない撮影の裏話!キンプリメンバーの仲良しエピソードも!

キャストのみなさんが作品への思いや撮影の裏話を聞かせてくれました!

ー一般のお客様に初お披露目となる今のお気持ちは?

永瀬:撮影が去年のこの時期だったので、「やっとこの日が来たか!」とニヤニヤが止まらないですね、本当に。撮影現場も沢山の方々に囲まれて、楽しくできた現場でございました。僕自身もこの日をずっと待っていました。

清原:King & Princeがデビューするときにちょうど撮影をしていたので、記念すべきときに一緒にいたのは嬉しかったですね。

神宮寺:完成した映画を見て、1年前と何かが違っているなと。色気が出ている(笑)
作品としてわかってるつもりだけど、一緒に謎を解いていて楽しいなと思いました。

ー永瀬さんと神宮寺さんは普段King & Princeのグループで一緒に活動をしていますが、共演して初めて見つけたところは?

神宮寺:一緒に台本の読み合わせを廉(永瀬)の家でして、めちゃくちゃジェンガが強かったです。

永瀬:台本を読み合わせをしてたときに机にあったジェンガをやろうぜとなって、途中から目的が変わってジェンガ大会や人生ゲームをしていました。

永瀬さんの家で集まっていたということに、ファンからは歓声が!

撮影の裏話から永瀬さんと神宮寺さんの仲の良さが伝わってきました。

永瀬:クライマックスシーンでジン(神宮寺)が「俺に話しかけんなよ」みたいな感じでめちゃくちゃ集中してて、そんなところ見たことないと思って!いつもちゃらんぽらんなので(笑)見たことのない神宮寺でした。

座長としてしっかりしていた永瀬さんも、上級所作ではパンケーキに苦戦!?

ー同年代の人が多い現場はどうでしたか?

優希:永瀬さんは人見知りと言っていましたが、人見知りだと感じないくらい座長としてしっかりしていらしたなと思いました。

神尾:僕は3人(永瀬、清原、神宮寺)の関係性ができてるくらいの頃にクラインクインしたんですけど、廉(永瀬)がうまく輪に入れてくれました。

永瀬:今のを聞いてニヤニヤが止まらないですね。

ー上流階級の所作はどうでしたか?

永瀬:食事のシーンでけっこう所作があったんですけど、パンケーキもまあきつい。切ったつもりでフォークを上げたら切れてなかったり、ちゃんと切れて上げたらぽろっと落ちてしまったりとか。その度に新しいパンケーキにするので、だいぶパンケーキの素を消費しましたね(笑)

また清原さんも「動作中に言葉発しちゃいけないとか知ってました?」と得た知識を教えてくれました。

「映画初主演がこれでよかったと心から思います」うち執は5月17日公開!

永瀬:ここ(完成披露舞台挨拶イベント)に立ってくださってるみなさんが優しかった、そして現場のスタッフの皆さんも暖かかったので、いい意味で自分らしくできました。もっと演技を勉強していろんな役をやって経験を積みたいです。初出演が「うちの執事が言うことには」で心からよかったと思いました。

「うちの執事の言うことには」は5月17日公開!

永瀬さん演じる烏丸花穎と、清原翔さん演じる衣更月蒼馬の成長にも注目です。

ぜひ劇場に足を運んでみてくださいね!