東日本大震災後に見つかった遺体 10年前の手紙の切手から身元特定

ざっくり言うと

  • 宮城県警は19日、東日本大震災後に見つかった遺体の身元について発表した
  • 10年前の手紙の切手から検出したDNA型で、女川町の当時60歳の女性と特定
  • 震災による県内の身元不明遺体は9人となり、県警は情報提供を呼びかけた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング