仏大統領が演説も連帯感は2日と持たず 大聖堂再建で論争が勃発

ざっくり言うと

  • 15日のノートルダム大聖堂の火災を受け、マクロン大統領は結束を呼びかけた
  • しかし連帯感は2日と持たず、約1070億円もの寄付金をめぐる論争が勃発
  • 再建だけでなく、一部は貧困層支援に使うべきでは、との声が上がっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x