娘に性暴力ふるった父親が無罪に 日本の裁判官は守られすぎか

ざっくり言うと

  • 娘に性暴力をふるった父親が無罪になった判決について、週刊新潮が報じた
  • 刑事法学の専門家は「日本の裁判官は守られすぎていると感じます」と主張
  • 「裁判官の独立」という名のもとに野放しにされ、やりたい放題だとしている

◆裁判で、娘は抵抗可能だったと判断された背景

当時19歳だった被害者のとった行動が争点となった

news.livedoor.com

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング