玄関先の立ち話で済ませる学校も

写真拡大

 新年度を迎え、小学校では新しい担任の教師が各生徒の自宅を訪ねる「家庭訪問」の時期となっている。

 ひと昔前の家庭訪問といえば、教師が生徒の自宅にあがり、親からお茶菓子を振る舞われながら話し込む光景が一般的だったが、近年は玄関先で5〜10分程度の立ち話で済ませたり、「地域訪問」や「学区訪問」などと名称を変え、個別訪問を廃止したりする学校も増えている。一体なぜなのか。教育評論家の石川幸夫氏がいう。

「いまは共働きの家庭が増えて、指定された日時に自宅にいられない保護者が多いことがありますし、学校側も教師が忙しすぎて1日に回れても4、5軒がいいところ。それならば授業参観日などに希望者だけ学校で面談を行うなど、段階的に個別訪問を廃止しようという流れにあります。

 そもそも、保護者アンケートを取ると、どこでも7割近い人が『断れるなら断りたい』と家庭訪問に積極的ではないうえ、『ウチは家庭訪問なんて必要ない!』と直接学校にクレームをつける親もいると聞きます」

 前述のように、家庭訪問を廃止しても、わざわざ教師が地域を回る日を設定しているのは、通学路の安全性確認や、自宅の位置確認という目的があるためだ。

 だが、一方で親の中には家庭訪問の必要性を説く声も根強くある。神奈川県に住む40代の女性が話す。

「新しい担任の先生がどんな人なのかは、たとえ短い時間の立ち話でも1対1で話してみないと分からない事だってありますし、子どもによってはアレルギー体質など個別に先生に相談しておきたい親もいると思います。

 学校に行く授業参観や保護者会の機会にやってもいいのでしょうが、兄弟がいる家庭は面談もハシゴしなければならないので、ゆっくり先生と話している時間がありません」

 もっとも、日ごろから教師や学校との緊密なコミュニケーションを望んでいる親は学校側にとってもありがたいだろうだが、厄介なのはまったく意思疎通ができない親の存在だ。千葉県の公立小学校に勤務する30代の男性教諭が声を潜めていう。

「あまり大きな声ではいえませんが、家庭訪問は“親を知る”貴重な機会ともいえます。問題行動を繰り返す児童の家庭環境がどうなっているかとか、怒りっぽくてモンスターペアレントになりそうな保護者を事前に把握しておくことも学校にとっては大切です。

 普段、まったく学校行事に参加しない親が子どもを虐待していたり、子ども同士のケンカなどで突然、学校に怒鳴り込んできたりするケースはよくありますからね」

 教育評論家の石川氏も、学校側と保護者でまったく連携ができていない昨今の教育現場を憂う。

「PTA参加の是非が社会問題になっていることもそうですし、いま学校側と保護者のコミュニケーションが取りにくい時代になっていることは間違いありません。だから、何か問題が起きると、お互いを知らないばかりか温度差があるので余計に感情論でこじれてしまうのです。

 しかし、千葉県野田市の小4虐待死事件みたいな大事件が起きてからでは遅い。学校と生徒だけの関係ではなく、家庭も含めたトライアングルの連携をしっかり機能させ、そのうえで問題を起こす児童や不登校の生徒に対しては児童相談所や民生委員などの協力を仰ぐ。そうした努力も教育現場に課せられた大事な役割なのです」(石川氏)

 前出の神奈川県在住の40代女性は、こんな不安を口にする。

「いまはクラス替えで担任が変わっても経験の浅い非常勤講師ということもよくありますし、そもそも個人情報保護の関係で、親の連絡先ばかりか新しいクラスメイトの名簿すら配られません。

 子どもが小さければ友達の教科書や体操着などを間違って持ち帰ってしまうこともよくあることですが、謝罪したくても親の電話やメールも知らないので学校に連絡するほか方法はありません。そんな時、先生が相手の保護者と連携をうまく取れずに対応が遅れれば、親同士がギクシャクしてしまう場合だってあるんです」

 教師と保護者双方の多忙な時間を削り、無駄な気遣いをする必要もなくなる「家庭訪問の廃止」は時代に即した策といえる。だが、それに伴うコミュニケーション不足を補えなければ、かえって大きな労力を費やす事態になりかねない。