前半のシステム。左がU−20日本代表、右が全日本大学選抜。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

[練習試合] U−20日本代表1-1全日本大学選抜/4月16日/千葉県内グラウンド
 
 練習試合のU−20日本代表対全日本大学選抜が4月16日、千葉県内のグラウンドで行なわれ、1-1のドローに終わった。
 
 前半、日本は4−4−1−1のシステムを採用した。GKは茂木秀、最終ラインは右から石原広教、三國ケネディエブス、小林友希、東俊希が並んだ。ダブルボランチは伊藤洋輝と藤本寛也が組み、右サイドに山田康太、左サイドに安部裕葵を起用。セカンドトップに郷家友太、最前線には宮代大聖が置かれた。
 
 日本は序盤にハイプレスをかけられ、苦戦を強いられる。だが20分頃になると、ボランチの伊藤を中心にパスが回り始め、リズムを掴んだ。すると23分、左サイドで郷家がファウルを誘い、PKを獲得。これを安部が冷静に決めて先制点を奪った。
 
 リードしたのもつかの間、全日本大学選抜に一瞬の隙を突かれてしまう。31分、スルーパスに反応したイサカ・ゼインに最終ラインの裏を突かれ、GKとの1対1を決められた。
 1−1のタイスコアで後半に入ると、日本は茂木と若原智哉、石原と菅原由勢、三國と関川郁万、安部と斉藤光毅を交代した。
 
 日本は立ち上がりに菅原のフィードから山田がゴール前で決定機を得たものの、惜しくも相手GKに防がれた。以降は攻め込んでも相手DFにことごとく跳ね返され、チャンスを作れない。
 
 61分には山田に代えて中島元彦を投入し、最前線が宮代と斉藤の2トップ、左に中島、右に郷家と配置を変更。69分には斉藤と西川潤、73分には小林と橋岡大樹を交代した。80分からは伊藤をアンカー、インサイドハーフに中島と郷家を置き、3トップを右から藤本、宮代、西川と並べた4−3−3のシステムも試している。
 
 終盤になると徐々に足が止まり、ミスも増え始めると、全日本大学選抜の上田綺世や紺野和也を中心に押し込まれた。だが、関川や橋岡などが身体を張り、何とか耐え凌いでタイムアップ。1−1の引き分けでゲームを終えた。
 
 U−20日本代表は国内キャンプを終え、その後は直前キャンプを経て、5月23日からポーランドで開催されるU−20ワールドカップに挑む。メンバー発表は5月上旬の予定だ。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)