髪はぬるま湯で洗うといいってホント?

写真拡大

どうして髪をぬるま湯で洗うの?

髪のダメージに悩む人を中心に注目を集めているのが、ぬるま湯で髪を洗う方法、通称『湯シャン』です。

私たちが普段使用しているシャンプーは、洗浄力が強すぎる・頭皮に合わずに髪がパサつくといったトラブルを起こしがちです。

上記のような髪の悩みを解決する方法が、髪をぬるま湯で洗うという方法です。

ぬるま湯で洗う効果は?

ぬるま湯だけで頭皮の汚れが落ちるのか、と疑問に思う方も多いかもしれませんが実は、水だけでも十分な洗浄力があります。

特に40度くらいのぬるま湯は、シャンプーとほぼ同じレベルの洗浄力があると言われているので、髪の汚れが落ちないという心配はありません。

さらに、ぬるま湯で髪を洗うことでシャンプーによる刺激がなくなるので頭皮環境の改善につながり、髪の先まで栄養が届きやすくなるため美髪に近づくというわけです。

髪をぬるま湯で洗う時は、正しい方法で行うことが大切です。以下の手順をよく覚えておきましょう。

1. 入浴前に必ずブラッシングをして、汚れを落としやすくする。

2. 40度以下のぬるま湯で、まずは頭皮全体を指の腹を使って洗う。
お湯の温度が熱すぎると皮脂を落としすぎてしまうため、注意。

3. タオルで髪の水分を丁寧にふき取り、ドライヤーは冷風を使って乾かす。

ぬるま湯で髪を洗うと、皮脂が過剰分泌され場合によっては臭いが発生します。

これは、頭皮の皮脂バランスが崩れるため。

効果が出始めるのには時間がかかるため、まずは週に数回ぬるま湯だけで髪を洗うといったように無理しないことが、継続するコツといえるでしょう。

髪をぬるま湯で洗うのにおすすめの人

頭皮の皮脂分泌量が少ない人

皮脂分泌量が少ない人がシャンプーを使うと、洗浄力が強すぎるため余分な皮脂まで洗い流され頭皮が乾燥しがちです。

髪をぬるま湯で洗い続けることで、皮脂分泌量が正常になり髪にツヤ・コシが増え健康的になっていきます。

シャンプーからぬるま湯に切り替えるときは、洗浄力に物足りなさを感じることが多いため、はじめは無理せずに、少しずつ実践していくようにしましょう。