乃木坂46山下美月、「次回シングルの活動休止」に“思いやる声”続々のワケ

写真拡大

 乃木坂46の山下美月が、5月29日に発売予定の同グループの23枚目シングル(タイトル未定)に伴う活動を見送ることを4月13日に更新した公式ブログにて発表している。現在放送中の深夜ドラマ「電影少女 −VIDEO GIRL MAI 2019−」(テレビ東京系)に主演している山下だが、去る3月30日に行われたファッションショーイベント「東京ガールズコレクション」を体調不良のため、欠席している。

 山下は〈ドラマ撮影と体調不良が重なってしまい思うように乃木坂46としての活動ができていない現状をとても悔しく思います〉としたうえで、〈ドラマ撮影が進んでいく中で、選抜発表、ジャケット撮影、MV撮影、レコーディングなどの制作活動と両立することが難しい状況が続いており、スタッフさんと話し合った結果23枚目シングルの活動をお休みさせていただくことになりました〉と、ドラマ撮影とシングル活動の両立が困難なことから、シングル活動を休息することを報告している。

「本人はその無念の思いを《一番頑張らないといけないタイミングだったのに皆様の期待に応えられず本当に申し訳なく思います》と語っていますが、シングル活動を休むことになるのは、絶大な人気を誇った西野七瀬が卒業後のシングル。現状の人気を考えれば、センターポジションも十分に狙えるほどの位置にいる山下だけに、次代を担う若手が存在感を示すのにはもってこいのシングルですから、休息は苦渋の決断であったことは間違いないでしょうね」(アイドル誌ライター)

 ただ、大多数のファンからは「これだけ忙しかったら、体調を崩すのも仕方ないよ」「美月は頑張り過ぎてるから、少し抑えるぐらいの方がちょうどいい」「美月が体調を崩すぐらいだからよっぽど忙しいんだろうな」など、山下を思いやる声が目立っている。

「4月1日に放送されたバラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話2時間スペシャル』(日本テレビ系)では、ミュージカル女優としての活動も顕著な同グループの生田絵梨花に密着取材を敢行。その取材期間中には2つのミュージカルを同時進行していたことに加え、今まで発表した全楽曲披露が恒例となっているグループのライブが重なってしまったことで、寝る間も惜しんでリハーサルや自主練習に取り組む様子が放送され、その超多忙ぶりが話題になりました。今をときめく乃木坂ですが、全員が全員多忙というわけではなく、生田や山下など一部の超人気メンバーに外部の仕事が偏りがちなところもあります。山下も決して体が弱いわけではなく、むしろファンからは“鉄人”と呼ばれるほど、様々な仕事をこなしています。ハードスケジュールをこなしていることをもちろんなのですが、体調がすぐれない中で臨んだ握手会でもファンに神対応を貫いたり、与えられた仕事を100%の力を注ぐプロ意識の高いメンバーですから、より山下には負担がかかってしまうわけです。自分の中で仕事によって力加減を調整できたり、いいリフレッシュ方法を心得ているのであればいいのですが、乃木坂に加入してまだ2年半というまだまだ若手の山下ですから、今回の、休息という運営側の判断は英断と言えるでしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 今回は参加できなかった分、しっかり休息をとって、24枚目シングルではその鬱憤を晴らすような活躍に期待したいところだ。

(石田安竹)