日本の消費税、最大26%まで引き上げを OECDが必要性を指摘

ざっくり言うと

  • 日本の消費税率は最大26%まで引き上げる必要があると、OECDが指摘している
  • 人口減少などを課題に挙げ、財政を持続させるには消費増税が望ましいと主張
  • 後発医薬品の普及による医療費削減、外国人労働者の拡充なども提唱している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x