4月9日に日本政府が発表した新紙幣。10000円札に渋沢栄一、5000円札に津田梅子、1000円札に北里柴三郎といずれも明治以降に活躍した人物が選ばれた。ところが、これに猛然と噛み付いたのが韓国メディアである。特に槍玉に挙げられたのが渋沢栄一だった。「日本の新10000円札の主人公は経済侵略の渋沢」(ハンギョレ新聞)、「日本の10000円紙幣 新しい顔は『韓(朝鮮)半島経済侵奪主役』渋沢」(東亜日報)など、歴史問題を引き合いに批判的な論調を展開した。

【写真】「反日イベント」写真を全て見る


©getty

 こうした韓国側の声が伝わると、日本側には「またか」という雰囲気が醸成された。当然、怒りの声もあったが、インターネットなどへのユーザーの書き込みを読むと、「いつもの“反日”が出てきたのか」という諦めに近い反応が大半だったように思える。

 そんな“渋沢栄一10000円札騒動”の真っ只中、本誌記者は取材のため、韓国・ソウルを訪れた。滞在中の4月11日、ソウルにある汝矣島(ヨイド)公園で「第100周年 大韓民国臨時政府樹立記念式」というイベントが行われるというので、足を運んでみることにした。汝矣島は韓国の国会や議員会館などがある、日本でいう永田町である。桜の名所としても有名だ。

3・1独立運動から100年

 2019年は、1919年の日本統治時代に起きた3・1独立運動(三一節・サミルチョル)からちょうど100年目だ。先月1日にソウルで三一節100周年記念式典が大々的に実施されたことは日本人の記憶にも新しい。文在寅政権が昨年末から立て続けに“反日政策”を取り続けていたことから、“三一節100周年イベント”では攻めるものかと思いきや、意外にも当日の文在寅大統領の反日テンションは低め。「力を合わせ被害者の苦痛を実質的に癒す時、韓国と日本は心の通じる真の友となる」などと殊勝なコメントを発表してお茶を濁していた。

 だが、その後も日韓関係は好転していない。それどころか、京畿道議会における「戦犯企業ステッカー条例案提出騒動」、文喜相(ムニサン)国会議長の2度目となる「天皇謝罪発言」など、韓国では立て続けに日本世論を刺激する事態が続いている。

まるで夏フェスのような会場

 そして、今、日韓関係が最悪な最中に行われたのが、今回の“大韓民国臨時政府100周年記念イベント”だ。「大韓民国臨時政府」とは、日本統治下の朝鮮半島における独立運動を進めていた李承晩(イスンマン)初代大統領や金九(キムグ)ら独立運動家が、中国の上海で設立した組織である。彼らは「臨時政府」を名乗っていたものの、国際的な承認は得られることがなかった。そんな組織の設立記念日をなぜ国家的に祝う必要があるのか。産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏が解説する。

「今までは韓国でも、独立運動が起きた三一節の3月1日が大衆的関心の対象であり、毎年祝われてきました。しかし、大韓民国臨時政府が設立された4月11日を国家行事として祝うのは初めてのこと。大韓民国臨時政府の存在は歴史学者の研究対象であったものの、一般的には全く重要視されてきませんでした。ところが文在寅政権の強い希望によって、“大韓民国臨時政府設立の日”についても、今年、100周年記念式が行われることになったのです。今後、4月11日を3月1日同様、国家記念日に制定したいという目論見もあります」

 では、どんなイベントなのか。会場を覗いてみよう。

 本誌記者が汝矣島公園に設置された特設会場に到着したのは午後6時頃。受付を済ませて中に入ると、正面に巨大な舞台とスクリーンが設置されていた。まるで夏フェスのようだ。

“イベント政権”の細かな演出

 まだ開始時間前だったが、舞台上では“前座”のような公演が行われている。若者の太鼓パフォーマンス、海洋警察庁の剣舞、シンガーソングライターのミニライブ……と色々な演目が用意されている。この時点では特に歴史的なことを示唆する物はない。

 座席に用意されていたのは、パンフレット、カイロ、毛布、LEDライトの4点セット。やはり野外ライブに来たのではないかと錯覚しそうなグッズだ。

 パンフレットによると、式の開始時間は19時19分。終了時刻は20時19分。中途半端な時間設定だな…と思うだろうが、これは演出だ。臨時政府樹立の1919、それを記念する2019。文在寅政権は派手な演出の国家行事を好む“イベント政権”と揶揄されるが、ここまで細部にこだわっているとは驚きである。

テロリストを抗日の英雄として讃えて

 19時19分、式が始まった。

 結論から言えば、60分のうち40分近く、ミュージカルのような寸劇が行われた。太極旗や機関銃を手にした独立運動家に扮した役者たち(中には有名な俳優やアイドルもいた)が入れ替わり立ち替わり登場し、「大韓独立、万歳!」「死んでも死なない!」「勝った!」などと、日本統治時代をイメージさせるような場面で、とにかく歌って踊りまくる。

 観客はキラキラと輝くLEDライトを振りまくる。やはりライブっぽさは否めない。『文藝春秋』5月号で、環境副大臣の城内実氏が「韓国の歴史認識はある種のファンタジーだ」と指摘しているが、イベントの参加者たちの姿を見ていると、「なるほど韓国人は“日本から独立を勝ち取った(ことにしている)歴史”をエンタメのコンテンツとして楽しんでいるのか」と妙に納得してしまう部分もある。

 イベントの中で、韓国では英雄とされる独立運動家たちの名前も写真と共に列挙された。金九、尹奉吉(ユンボンギル)、金元鳳(キムウォンボン)……。しかし、「大韓民国臨時政府の指導者たち」と呼ばれる人物たちは、当時の日本の立場からすれば単なるテロリストである。金九はテロリスト集団の親玉であり、李奉昌(イポンチャン)に昭和天皇暗殺を命じた桜田門事件の首謀者。尹奉吉は同様に金九に命じられて日本軍幹部暗殺を目論み民間人犠牲者を生んだ上海天長節爆弾事件の実行犯である。そして、彼らの活躍を紹介するための施設「国立大韓民国臨時政府記念館」が、かつて日本統治下時代に刑務所が置かれていた西大門で建設され、2021年に開館することも大々的に発表された。

イベントを主催した文在寅政権の「目論見」

 日本が渋沢栄一を新紙幣に使用することは批判し、自らはテロリストを国家的英雄として讃える。日本人としては、韓国のこうした“都合のいい”部分には違和感を抱かざるをえない。また、こうしたイベントの演出も「反日パフォーマンスなのか?」と思ってしまうが……。前出の黒田氏はこう解説する。

「こうした演出が反日的だと気になってしまうのはよく分かりますが(笑)、実はそこまで日本を意識したものではないんです。このイベントの最大の目的は『積弊清算』を掲げる文在寅政権による、韓国内の“保守派全否定”です。当然ながら、教科書などで教えられる大韓民国の建国記念日は1948年8月15日。李承晩大統領が建国を宣言した年です。しかし、左派・進歩派の文在寅政権は保守派政権である李承晩政権の功績でさえ“否定”したい。だから、あえて日本統治下だった1919年4月11日の臨時政府設立を盛大に祝い、祭り上げる。そうすることで保守派の殲滅を図ろう、という目論見なのです。それを日本から見ると、結果としての反日になっているわけなのですが。文在寅政権のこうした姿勢には、朝鮮日報をはじめ保守メディアも批判のトーンを強めています」

  確かに、イベントでは、1919年の臨時政府のメンバーでもある李承晩元大統領については不自然なほどに言及がなかった。

文在寅大統領は欠席

 細部に至るまで派手な演出が施されたイベントだったが、肝心の文在寅大統領の姿がどこにも見当たらない。記念スピーチをしたのも文在寅政権のナンバー2・李洛淵(イナギョン)国務総理である。それもそのはず、文在寅大統領はその瞬間、アメリカにいたからだ。前々からこのイベントに参加する予定だったのだが、直前に米韓首脳会談の開催が決まり、流石の文在寅大統領でもそちらを優先せざるをえなくなってしまった。黒田氏はこう言う。

「今回の文在寅大統領の欠席は、政権からすると“痛恨”の出来事でしょうね。主役がいないのではイマイチ盛り上がりませんから。ちなみに、今回の米韓首脳会談の日程が決まった後、こんな噂が流れました。『アメリカ(トランプ大統領)はこのイベントが行われることを知って、あえて4月11日に首脳会談を設定し、文在寅大統領を呼びつけたのではないか』と(笑)」

直接的な日本批判はなかった

 大手紙・東亜日報の記者出身で日本通とも言われる李洛淵国務総理は今回のスピーチで直接的な日本批判は避け、「米国、中国、日本、ロシアなどと協力し、朝鮮半島の平和と共同繁栄を模索する」と落ち着いた論調を展開した。それもあって、イベント全体の印象としては“強い反日色”はそこまで感じられなかった。

 しかし、国内の保守派をけん制する意味合いとはいえ、こうしたイベントを行い、かつてのテロリストを英雄と崇めたり、記念館を設立して国家として彼らの存在を崇め、美化することで、日本の心は離れていく。日本人を無用に傷つけることは、日韓関係をさらに悪くする。韓国はそれを認識すべきではないだろうか。同時に、日本も韓国との距離感をうまく掴む必要がある。そのためには、韓国のことをよく知り、分析しなければならない。黒田氏をはじめとする5人の韓国専門家が登場している『文藝春秋』4月号の座談会「『日韓断交』完全シミュレーション」は、きっと、その助けになるだろう。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2019年4月号)