(山田敏弘:国際ジャーナリスト)

 内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者が英国で逮捕された。

 世界的にも大きな騒動になっているこのニュース、アサンジの逮捕についてこれまでの経緯をまとめてみたい。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

アサンジを保護するエクアドルに米国からの「報復」

 アサンジは、2010年8月、スウェーデンで女性に対する性的暴行を働いた容疑で国際手配され、12月に滞在先のイギリスで逮捕されている。その後、仮釈放となったアサンジは、2012年6月に反米の大統領がいるエクアドル大使館に駆け込み、政治亡命を申請。以降、7年以上にわたり同大使館に籠城していた。

 アサンジが恐れていたのは、英国で逮捕された後に、米国に身柄を引き渡されることだった。というのも、アサンジは米国で、米政府の機密情報をウィキリークスで公表したかどで、起訴されそうだったからだ。米国に身柄を送られることになれば、死刑になる可能性すらある。そんなことからアサンジは、保護されていたエクアドル大使館のバルコニーに姿を現し、「米国は魔女狩りをやめるべきだ」と声明を発表することもあった。

 一方、アサンジを保護するエクアドルに対して、米国はあからさまに「報復」を行ってきた。米国のエクアドルへの貿易は2015年には前年比で24億ドルも減少。エクアドルから米国への輸入も、34億ドルも減ってしまった。

 米政府をそこまで怒らせたのは、イラクとアフガニスタンにおける戦争に関連する米軍機密情報や外交公電をウィキリークスが暴露したことだった。

 特にイラク戦争に関しては、2007年7月に、米軍がイラク市民を銃撃し殺害していたこと、さらには取材中のロイター通信社のイラク人カメラマンまでが殺されていたことがウィキリークスによって判明した。ロイターのカメラマンについて当初は、戦闘に巻き込まれて死亡したとされていたのだが、本当は米軍が判断ミスの結果、「殺害」していたのだった。

望遠レンズをロケットランチャーと誤認してカメラマンを殺害

 どういうことか。実は、カメラマンが持っていた望遠レンズ付きのカメラを「ロケットランチャー」と見誤っていたのだ。そこで米軍は、カメラマンを攻撃ヘリから銃撃し、殺したのだった。

 その一部始終を収めた映像がウィキリークスの映像で公表され、米軍は世界的非難を浴びた。事実を知りながら隠していた事実が明るみにでたことも、米軍にとっては痛打だった。

 このカメラマンの「殺害」事件は、ちょうど著者がロイター通信社に在籍していたときのことだった。実はそのカメラマンとは知り合いだった。彼が殺される数日前にもやりとりをしていたばかりだった。

 それだけに彼が取材中に戦闘に巻き込まれたのではなく、米軍の勘違いによって命を絶たれたとの真実を知った時、やるせなくも悔しい気持ちで胸がいっぱいになったことを今でもよく覚えている。

 これらウィキリークスが暴露する情報は、米軍にとってみれば「不都合な真実」以外のなにものでもない。米軍の機密情報を暴露したアサンジに対して、2017年、当時のジェフ・セッションズ司法長官が「アサンジを逮捕することは私たちのプライオリティである」と語って話題になった。アメリカの政府と軍にとって、アサンジはもっとも許せない人間の一人だったのである。

 事態が大きく動き出したのは、アサンジが亡命を求めていたエクアドルの情勢の変化がきっかけだった。

スキャンダル噴出したモレノ大統領

 2017年5月、エクアドルでは、反米左派のラファエル・コレア大統領の後任を決める大統領選が行われた。ここで勝利したレニン・モレノ前副大統領は、大統領に就任すると、米国と協力することで落ち込んだ経済を立て直そうとした。同時に、アサンジを受け入れていたコレアに対抗する意味で、アサンジに対して強硬な姿勢を打ち出すようになる。

 2018年に、英国の司法当局がアサンジの指名手配を破棄しない姿勢を改めて表明すると、エクアドル大使館は、アサンジのインターネット接続を遮断。その直後には、マイク・ペンス米副大統領がエクアドルを訪問し、「前大統領時代の、米国とエクアドルの冷めた関係は終わる」と語った。明らかにアサンジは追いつめられていった。その後もエクアドル大使館は、アサンジの訪問者との接見を制限するなど、締め付けを強めていく。

 2019年に入ると、アサンジの米国への身柄引き渡しの可能性がいっそう高まってきた。その背後には、モレノ大統領の「スキャンダル」が絡んでいた。

 エクアドルで「INAペーパーズ」と呼ばれる文書が表面化した。そこでは、モレノがパナマにオフショア口座を持ち、中国企業に絡んだ汚職で私服を肥やし、マネーロンダリングにも関与していたと指摘されていた。この話は当初、エクアドルの「国内問題」にとどまっていたが、ウィキリークスがそのスキャンダルを大きく取り上げたことで、世界的に注目されることになった。

 さらにモレノのプライベートな写真ややりとりまで暴露されたことで、モレノはすべてはウィキリークス、つまりアサンジが絡んでいると指摘。すると今度は、モレノが「アサンジを大使館から追放する」と米国に約束していたという疑惑が噴出することとなった。

 モレノ周辺は、それらの騒動を受けて、アサンジへの不快感を表明。ついに先日、エクアドルはアサンジの亡命を取り消し、事実上、彼の逮捕にゴーサインを出した、というわけである。

 いくつもの国家の思惑が交錯する中で、英国警察に再び逮捕されることになったアサンジ。今後の焦点は、アサンジがどう処遇されるか、だ。もちろん最大の注目点は、アサンジの身柄が米国に引き渡されるかどうか、である。

 現時点では、英当局はエクアドルに対して「拷問や死刑判決のある国には身柄引き渡しはしない」と約束したというが、米国に引き渡されれば、それくらい過酷な取り調べや刑罰を受ける可能性があるということだ。しかし、「アサンジ憎し」の米国がおとなしく言うことを聞くはずがない。今後、米国との間で、なんらかの取引が行われるに違いない。

 ただすぐに引き渡されることはないだろう。というのも、身柄引き渡しの条件として、まずアサンジが英国で有罪であると認められる必要がある。つまり引き渡す国と受け入れる国の両方で犯罪であるとの判断が下されなければならない。また、アサンジが「この身柄引き渡しが『政治的な理由』によるものである」と主張し、それが認められれば、引き渡しは難しくなる。

 いずれにせよ、米国に引き渡されるとしても数年後となる可能性がある。それでもついに捜査当局の下に身柄を拘束されることとなったアサンジの問題。「真実を知り過ぎた男」を当局がどう処遇するのか。これからの動きは要チェックである。

筆者:山田 敏弘