タッキーは社長としてやり手として評判だという

写真拡大

 休日明けの気だるそうな表情で会社へと急ぐサラリーマンたち。4月上旬の月曜の朝。彼らの横を1台の車が通り過ぎオフィスビルへと入っていった。彼はかつて運転手付きの車に乗っていたが、ここ数か月は自分で車を運転して毎朝午前9時には出勤している。

 その会社は東京・乃木坂にあるジャニーズ事務所本社。車を降りた新社長は、カジュアルな黒のシャツ、スキニーパンツに身を包んでいた。

「自分で運転して会社に行くことは、苦労ではなく新鮮で楽しいようです。滝沢秀明さん(37才)が社長になって100日。“やり手”と評判でかなり忙しく過ごしています」(芸能関係者)

 滝沢は昨年末に芸能界を引退し、現在はJr.のプロデュース業に専念している。肩書は、株式会社『ジャニーズアイランド』の代表取締役社長。1月15日に設立されたばかりのジャニーズ事務所の関連会社のトップとして、忙しい日々を送っている。

 社長としてJr.の売り込みに一生懸命な一方で、演出家としても手を抜かない。そこでも現場主義を貫き、公演会場には足繁く通っている。

「3月21〜26日に横浜アリーナで行われたSixTONES(ストーンズ)などJr.内グループの単独コンサートを成功に導いています。動員は21万人を超えました」(前出・芸能関係者)

 公演期間中は毎日、現場に姿を見せた滝沢は、朝からのリハーサルにも立ち会っていたという。

「主に音響関連のスタッフが座るPA席にいて、あちこちに指示を飛ばしていました」(コンサートスタッフ)

 そのいでたちは、まさにプロデューサーだったという。

「以前の滝沢さんはジャージ姿が多かったですが、最近は立場を意識してフォーマルな姿が目につきます。グレーのビジネススーツやツイードのおしゃれなものなど、スタイリストがついているのではと思うくらい、セレクトも着こなしも決まっています」(前出・コンサートスタッフ)

 4月10日から『滝沢歌舞伎ZERO』が新橋演舞場でスタート。キャストは9人組のSnow Manだ。

「これまで滝沢さんがライフワークにしてきた舞台で、今は演出家としてかかわっています。2月には京都での公演があったのですが、滝沢さんはその時も、忙しい合間を縫って視察に訪れていました」(スポーツ紙記者)

 滝沢がここまで身を削ってJr.のプロデュースに力を入れるのは、彼らの将来のことも考えてのことだという。

「嵐が活動休止を発表したり、渋谷すばるさん(37才)が関ジャニ∞を脱退したり、タッキー世代が節目を迎えつつある。これらを目の当たりにして、多くのファンを喜ばせながら、各メンバーも充実感を持って、長く仕事を続けられる方法を考えているそうです」(テレビ局関係者)

 そのため、Jr.時代から将来を見据え、各メンバーの個性に合った仕事をプロデュースしていくという。

「Jr.にはアイドルとしてのオールマイティーな活躍を求めるのではなく、自分が好きだといえることを見つけてほしい。それが音楽なのか演技なのかMCなのか。得意な分野で長く活躍し、輝き続けられるよう、今から準備を進める必要があると考えているようです。Jr.のメンバーも、長く第一線で活躍してきた滝沢さんの言うことに、真摯に耳を傾けています。SixTONESもSnow ManもTravis Japanも驚くほど進化しているように感じます。

 ただ、滝沢さんはとにかく仕事仕事で、一日中動き回っています。自宅に帰ってからもメールを送ったり、睡眠時間はゼロに近い。土日の休みも関係なく現場に出ています。さすがに疲れが見られますが、今が踏ん張りどころだという気持ちなんでしょう」(前出・テレビ局関係者)

 滝沢社長の奮闘は、はじまったばかりだ。

※女性セブン2019年4月25日号