Amazonは4月10日、スマートスピーカー『Amazon Echo』とつないで使用し、ユーザーが手持ちのオーディオシステムをAlexaによる音声操作や音楽ストリーミングサービスに対応可能にするデバイス『Echo Link』『Echo Link Amp』を発売しました。

既にアンプを持っていて、アナログRCA、デジタル同軸RCA、光の各端子でオーディオプレーヤーとつないで使うのが『Echo Link』。出力はアナログRCA、デジタル同軸RCA、光、サブウーファー、ヘッドホンジャックを搭載します。『Amazon Echo』とBluetoothで接続し、『Echo』端末に話しかけることにより手持ちのオーディオシステムで音楽ストリーミングサービスを利用可能にします。Ethernetポートも搭載。価格は2万4980円(税込み)です。

『Echo Link』に60Wのステレオアンプの機能を追加、本体にスピーカー出力端子を搭載するのが『Echo Link Amp』。手持ちのオーディオプレーヤーとスピーカーを接続して、Alexaによる音声操作と音楽ストリーミングサービスに対応するオーディオシステムを構築できます。価格は3万6980円(税込み)です。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』