東洋医学における生理痛の対処法

写真拡大

 今回は生理痛についてお話しさせて頂きます。


まず、生理痛もしくは月経痛というものは、現代医学的には2つに分類できます。つまり生理の数日前に不快な症状が起こる「月経前症候群(PMS)」と、生理直前から生理に合わせて不快な症状が起こる「月経困難症」です。現代医学的にこのように分類しているのは、痛みや不快な症状が起こる原因や対処法が違うからですが、現代医学の話は他の方にお任せします。

東洋医学では、生理に関わる問題は「脾」「肝」「腎」の問題が多く見られます。いくつか考え方がありますが、生理前までは「肝」が、生理中は「脾」が、生理後は「腎」の関与が大きいと言われています。

私が臨床で感じるのは、「冷え」の問題と、「食事の不摂生」の問題です。

「冷え」は、血行が悪くて起こる場合と、体温そのものが低くて起こる場合があります。もちろん、冷たい物ばかり食べていたり、体を冷やすことをたくさんしていてもなります。 「食事の不摂生」は、とても多いのは甘い物の摂りすぎ、果物や生野菜の食べ過ぎなどですが、季節によって食べても大丈夫な量に違いがあります。例えば、夏は暑いので体を冷やすスイカなどは食べても問題ないですが、冬に食べれば体を結構冷やしてしまいます。また、甘い物は体を弛緩させる作用が強いので(だから疲れて肩コリなどが強い時にリラックスしようとして甘い物が食べたくなる訳です)、食べると体を弛緩させ、体温が下がる傾向があります。

ちなみに、辛い物も体温を下げます。タイなどの暑い国の料理は辛いですよね?なぜか考えてみましょう。

・今すぐ読みたい→
生理痛緩和!意識してほしい栄養素と生活習慣 https://cocokara-next.com/lifestyle/menstrual-pain-relief/


鍼灸治療では、主に「脾」「肝」「腎」を中心に治療を組み立てていきますが、生理痛は前述したように、冷えや食生活の問題が大きくからんでいることが多いので、生活習慣の見直しが必要なことが多いです。

女性は、ある意味月に一回、自分の体調をチェックできる機会があるとも言えますので、生理痛をあまり軽く見ずに、東洋医学的な考え方から取り組んでみるのも一つの手ですよ。

東洋医学用語説明
:現代医学的な肝臓とは少し違い、東洋医学では心身共に適度な緊張感で機能するように調節する作用、全身各部へ必要な血液量を分配する機能、胆汁を作る機能を持つ主要臓腑とされる。

:現代医学的な脾臓とは違い、東洋医学では消化吸収を司り、水の代謝調節、出血の調節する作用があるとされる。

:現代医学的な腎臓とは少し違い、東洋医学では全身における水の調節機能、成長・生殖に関する機能を持つ主要臓腑とされる。

[文:蓬松(ほうしょう)鍼灸治療院 http://houshou-hari.com/]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
生理痛緩和!意識してほしい栄養素と生活習慣 https://cocokara-next.com/lifestyle/menstrual-pain-relief/