西川潤らがU-20日本代表候補に選ばれた

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は11日、14日より千葉県内でトレーニングキャンプを行うU-20日本代表候補メンバーを発表した。セレッソ大阪の特別指定選手として10日のルヴァン杯に出場し、アシストを記録したFW西川潤や、横浜FCで出場機会を得ている17歳MF斉藤光毅が飛び級で選出。GKは4人が選ばれている。

 トレーニングキャンプは3日間の日程で行われ、最終日には全日本大学選抜との練習試合を予定している。

 

 同代表は5月23日にポーランドで始まるU-20ワールドカップに出場。エクアドル、メキシコ、イタリアと同組を戦う。

▽GK

茂木秀(C大阪)

大迫敬介(広島)

若原智哉(京都)

谷晃生(G大阪)

▽DF

石原広教(福岡)

橋岡大樹(浦和)

角田涼太朗(筑波大)※負傷離脱

瀬古歩夢(C大阪)

三國ケネディエブス(福岡)

菅原由勢(名古屋)

小林友希(神戸)

東俊希(広島)

関川郁万(鹿島)※追加招集

▽MF

安部裕葵(鹿島)

中島元彦(C大阪)

伊藤洋輝(名古屋)

郷家友太(神戸)

藤本寛也(東京V)

山田康太(横浜FM)

斉藤光毅(横浜FC)

▽FW

宮代大聖(川崎F)

西川潤(桐光学園高)