F35、開発段階から酸素供給に不具合か 飛行を中断する操縦士も

ざっくり言うと

  • 9日、航空自衛隊所属のF35Aステルス戦闘機1機が飛行訓練中に墜落した
  • F35について、開発段階からさまざまな問題点を見せていたことが判明
  • 一部操縦士が訓練過程で低酸素症を報告し、飛行を中断したこともあったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング