南岸低気圧の影響で、10日(2019年4月)の関東は真冬なみの寒さだ。東京都心の気温は午前8時過ぎには6度に下がり、甲信地方や北部の山沿いでは明日(11日)朝までに最大25センチ、平地でも最大5センチの積雪が予想されている。

モーニングショーは群馬・みなかみ、箱根ターンパイク、山中湖の中継映像を流したが、どこも雪が激しく降っている。みなかみ町にいるリポーターの草薙和輝アナは「畑は一面真っ白です。指先や耳など露出しているところが痛くなるくらい冷たいです」と震えている」

寒がりの人はGWまで要注意

4月とは思えない寒さになっているが、司会の羽鳥慎一は「冬の服装はいつまででしょうか」

アシスタントの斎藤ちはるアナ「都内のクリーニング店に聞きますと、今年は冬物を出す人が普段の8割程度と少なく、一度クリーニングに出したものの、寒くなり急いで取りに来る人も多いということです。

でも、きょうの寒さが終わったら出しても構いません。ただ、寒さに弱い人や早朝に仕事がある人は、ゴールデンウィークころに出した方がよさそうですが・・・」

浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「ダウンを出そうか出さないか迷っていましたが、もうちょっと待ちます。やることないので、10連休に衣替えします」

しかし、玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)はクリーニングなどはまったく関心がないようで、「宮城では、これで満開の桜に雪が積もる珍しい光景が目られそうですね」などと話していた。